[XADM] Exchange 2000 の "Send As" 診断ログ オプションが正常に機能しない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
診断ログの "Send As" オプションが正常に機能しません。この問題は、以下の条件がすべて満たされる場合に発生します。
  • "Send As" 診断ログの出力レベルが [最大] に設定されています。

  • ユーザー (たとえば、User1) が、別のユーザー (たとえば、User2) に対する送信者アクセス許可を与えられています。

  • User1 として Microsoft Outlook にログオンしています。

  • そのユーザーが、メッセージの [差出人] ボックスに User2 と入力しました。
この問題が発生すると、以下の情報メッセージが記録されます。
種類 : 情報
ソース : MSExchangeIS Mailbox Store
分類 : Send As
イベント ID : 1032
日付 : 4/4/2002
時刻 : 7:59:57 AM
ユーザー : N/A
コンピュータ : コンピュータ名
説明 :
/o=exrule/ou=First Administrative Group/cn=Recipients/cn=User1 は /o=exrule/ou=First Administrative Group/cn=Recipients/cn=User1 としてメッセージを送信しました。
詳細については、http://search.support.microsoft.com/search/?adv=1 を参照してください。
正常な場合、上記のメッセージの代わりに、以下のような情報メッセージが記録されます。
種類 : 情報
ソース : MSExchangeIS Mailbox Store
分類 : Send As
イベント ID : 1032
日付 : 4/4/2002
時刻 : 7:59:57 AM
ユーザー : N/A
コンピュータ : コンピュータ名
説明 :
/o=exrule/ou=First Administrative Group/cn=Recipients/cn=user1 は /o=exrule/ou=First Administrative Group/cn=Recipients/cn=user2 としてメッセージを送信しました。
詳細については、http://search.support.microsoft.com/search/?adv=1 を参照してください。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
301378 [XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
コンポーネント : 診断ログ

修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。

ファイル名バージョン
Exmgmt.exe6.0.5770.97
Mad.exe6.0.5770.97
Store.exe6.0.5770.97
Davex.dll6.0.5770.97
Dsaccess.dll6.0.5770.97
Dscmsg.dll6.0.5770.97
Excdo.dll6.0.5770.97
Exoledb.dll6.0.5770.97
Exprox.dll6.0.5770.97
Exres.dll6.0.5770.97
Exsp.dll6.0.5770.97
Exwmi.dll6.0.5770.97
Jcb.dll6.0.5770.97
Mdbmsg.dll6.0.5770.97
Mdbsz.dll6.0.5770.97
Phatcat.dll6.0.5770.97

: ファイルの依存関係のため、この修正プログラムには Microsoft Exchange Server 2000 Service Pack 2 が必要です。
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 3 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 322819 (最終更新日 2002-09-19) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:322819 - 最終更新日: 02/01/2014 17:24:42 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbexchange2000presp3fix kbexchange2000sp3fix kbfix KB322819
フィードバック