現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

フォルダーを別のフォルダーにコピーおよびそのアクセス許可を保持する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:323007
Notice
この資料は、Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 のサポートは、2010 年 7 月 13 日に終了します。、 Windows 2000 エンド オブ サポート ソリューション センター Windows 2000 からの移行戦略を計画するための開始ポイントです。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
Notice
この資料は、Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 のサポートは、2010 年 7 月 13 日に終了します。、 Windows 2000 エンド オブ サポート ソリューション センター Windows 2000 からの移行戦略を計画するための開始ポイントです。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
概要
この資料では、別のフォルダーにフォルダーをコピーし、そのアクセス許可を保持する方法について説明します。

コピーまたは Windows エクスプ ローラーでファイルとフォルダーを移動すると、ファイルまたはフォルダーに設定されているアクセス許可が変更されます。たとえば、NTFS ファイル システム ボリュームまたは 2 つの NTFS ボリューム間でファイルをコピーすると、Windows 2000 は扱います新しいファイルとして。新しいファイルとしてコピー先フォルダーのアクセス許可にかかるし、作成者の所有者になります。

: ファイルとフォルダーをコピーするのには移動先フォルダーに対する書き込みアクセス許可を持つ必要があります。

/O/X/E/H/K スイッチを使って、Xcopy コマンドをコピーすると、それらのファイルがコピーされ、ファイルに特別に適用されてきた既存のアクセス許可が保持されます。

これらのスイッチには、次の効果があります。
/E - コピー フォルダーとサブフォルダー、空のものを含みます。
/H - 隠しファイルとシステム ファイルもコピーします。
/K - 属性をコピーします。通常、Xcopy は読み取り専用属性をリセットします。
/O - コピーのファイルの所有権と ACL 情報です。
/X - ファイルの監査設定をコピー ( /Oを意味する)。
: このプロシージャは、継承されたアクセス許可を上書きしません。Xcopy コマンドを使用する場合、 /O/X/E/H/Kスイッチは、ファイルをコピーするのには次の継承されたアクセス許可を適用します。
  • ファイルとフォルダーに直接割り当てられているセキュリティの設定が保持されます。
  • 元の親フォルダーから継承されたセキュリティ設定は失われます。
  • コピー先フォルダーのセキュリティ設定が継承されます。
  • FAT ボリュームにファイルまたはフォルダーを移動すると、フォルダーとファイルが失われるの NTFS アクセス許可 FAT ボリュームが NTFS アクセス許可をサポートしていないため。
継承の詳細については、Windows のヘルプで「継承されたアクセス許可を変更する」トピックを参照してください。

back to the top

フォルダーを別のフォルダーにコピーし、そのアクセス許可を保持

  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスにcmdと入力し、[ OK] をクリックします。
  3. タイプ xcopy ソース宛先 /O/X/E/H の/K 、ENTER キーを押しますと、 ソース コピーするファイルの元のパスと 宛先 ファイルのコピー先パスです。

使用例

タイプ xcopy の c:\olddocs c:\newdocs /O/X/E/H の/K、し、enter キー、および場所 olddocs ソース フォルダーには、 newdocs コピー先のフォルダーがあります。

Xcopy のスイッチの詳細については、次のように入力します。 xcopy/しますか? コマンド プロンプトで、し、ENTER キーを押します。 Xcopy のスイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには以下の記事番号をクリックします。
240268 コピー、移動、XCOPY では、Windows の機能の変更を上書きします。
back to the top

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:323007 - 最終更新日: 05/07/2016 10:20:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional

  • kbproductlink kbenv kbhowto kbhowtomaster kbmt KB323007 KbMtja
フィードバック