現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOWTO] Windows NT 4.0 コンピュータでレジストリをバックアップ、編集、または復元する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP323170
概要
この資料では、Windows NT 4.0 レジストリをバックアップ、編集、または復元する方法を、具体的な手順により説明します。マイクロソフトでは、レジストリを編集する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておくことをお勧めします。

先頭に戻る

レジストリのバックアップ

レジストリを編集する前に、編集するレジストリ キーをエクスポートするか、またはレジストリ全体をバックアップします。何らかの問題が発生した場合は、この資料の レジストリの復元 の手順に従い、レジストリを編集する前の状態に復元してください。

先頭に戻る

レジストリ キーをエクスポートする方法

レジストリ キーを編集する前に、次の手順を実行してレジストリ キーをエクスポートします。

: レジストリ ハイブ全体 (たとえば HKEY_CURRENT_USER ハイブ) をエクスポートする場合は、以下の手順を使用しないでください。レジストリ ハイブ全体をバックアップする必要がある場合は、レジストリ全体をバックアップする必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに regedt32 と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 編集する値を含むキーに移動し、キーをクリックします。
  4. [レジストリ] メニューの [キーの保存] をクリックします。
  5. [保存する場所] ボックスで .reg ファイルを保存する場所を選択し、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力して、[保存] をクリックします。
先頭に戻る

レジストリ全体をバックアップする方法

レジストリ全体をバックアップするには、Windows NT バックアップ ツール (Ntbackup.exe) とレジストリのバックアップ オプションを使用するか、または [rdisk /s] コマンドを実行します。Rdisk ツールを使用して復元の情報をアップデートする関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
156328 Description of Windows NT Emergency Repair Disk
156328 Windows NT システム修復ディスクについて
: Windows NT バックアップ ツールを使用してレジストリをバックアップする場合は、Windows NT でサポートされているテープ ドライブが必要です。サポートされているテープ ドライブがないときは [rdisk] コマンドを使用します。[rdisk /s] コマンドを実行して修復情報を更新すると、圧縮されたレジストリ ファイルのコピーは %SystemRoot%\Repair フォルダに保管されます。レジストリ編集後に Windows NT を起動できなくなった場合は、%SystemRoot%\Repair フォルダのコピーを展開し、手作業でレジストリ ファイルを置換します。

先頭に戻る

レジストリの編集

マイクロソフトでは、レジストリを編集する場合、必ずマイクロソフトの記述した手順に従うことをお勧めします。レジストリは可能な限り直接編集せず、Windows ユーザー インターフェイスを使用して編集してください。

レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要です。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

先頭に戻る

レジストリの復元

レジストリ キーを復元する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. regedt32 と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [レジストリ] メニューの [復元] をクリックします。
  4. この資料の レジストリのバックアップ で保存した .reg ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  5. [はい] をクリックし、続行します。
先頭に戻る

レジストリ全体を復元する方法

レジストリ全体を復元するには、Windows NT バックアップ ユーティリティを使用してレジストリ バックアップを復元します。

: [rdisk /s] コマンドを実行して修復情報を更新すると、更新され、圧縮されたレジストリ ファイルのコピーは %SystemRoot%\Repair フォルダに保管されます。レジストリ編集後 Windows NT が起動できなくなった場合は、%SystemRoot%\Repair フォルダ内の、圧縮されたレジストリ ファイルを展開し、手作業で %SystemRoot%\System32\Config フォルダ内のレジストリ ファイルを置換します。それには、MS-DOS を起動するか (ドライブで FAT ファイル システムが使用されている場合)、Windows NT の並行インストールを実行します (ドライブで NTFS ファイル システムが使用されている場合)。先頭に戻る
関連情報
265422 How RDISK.EXE Updates Repair Information
122857 RDISK /S and RDISK /S- Options in Windows NT
122857 Windows NT の RDISK /S と RDISK /S- オプション
先頭に戻る
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 323170 (最終更新日 2002-06-03) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:323170 - 最終更新日: 06/03/2002 05:53:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbhowto kbhowtomaster KB323170
フィードバック