現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 でネットワーク アダプタの IP アドレスを変更する方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、ネットワーク アダプタに割り当てられた IP (Internet Protocol) アドレスの変更方法について説明します。ネットワークに DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サーバーが存在する場合は、IP アドレスが自動的に割り当てられます。また、IP アドレスを指定することもできます。

ネットワーク アダプタに割り当てられた IP アドレスの変更方法

  1. Administrator アカウントを使用してコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントして、[ネットワーク接続] をダブルクリックします。
  3. 変更するローカル エリア接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [この接続は次の項目を使用します] ボックスの [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。[インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. 状況に応じて、以下のいずれかの手順を実行します。
先頭に戻る

IP アドレスを自動的に取得する方法

次の手順では、DHCP サーバーから IP アドレスを取得するようにコンピュータを構成します。この場合、DHCP サーバーが存在する必要があります。
  1. [IP アドレスを自動的に取得する] をクリックします。
  2. DNS (ドメイン ネーム システム) サーバーの IP アドレスを指定しない場合には、[DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。[ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  4. [ローカル エリア接続の状態] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  5. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  6. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  7. コマンド プロンプトで、ipconfig /release と入力し、Enter キーを押します。
  8. ipconfig /renew と入力し、Enter キーを押します。

    DHCP サーバーから IP アドレスがネットワーク アダプタに割り当てられ、以下のようなメッセージが表示されます。
    Windows Server IP Configuration

    Ethernet adapter ローカル エリア接続:

    Connection-specific DNS Suffix . : dns.microsoft.com
    IP Address . . . . . . . . . . . : 192.168.0.201
    Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
    Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.0.1
  9. exit と入力して Enter キーを押すと、コマンド プロンプトが終了します。
先頭に戻る

IP アドレスの指定方法

IP アドレスをネットワーク アダプタに割り当てるには、次の手順を実行します。
  1. ネットワーク アダプタの IP アドレスを指定する場合は、[次の IP アドレスを使う] をクリックします。
  2. [IP アドレス] ボックスで、ネットワーク アダプタに割り当てる IP アドレスを入力します。この IP アドレスはネットワークで利用できるアドレスの範囲内で、一意である必要があります。ネットワーク管理者に連絡し、ネットワークで有効な IP アドレスのリストを取得します。
  3. [サブネット マスク] ボックスに、ネットワークのサブネット マスクを入力します。
  4. [デフォルト ゲートウェイ] ボックスに、使用中のネットワークを他のネットワークやインターネットに接続する、ネットワーク内のコンピュータまたはデバイスの IP アドレスを入力します。
  5. [優先 DNS サーバー] ボックスで、ホスト名を IP アドレスに解決するコンピュータの IP アドレスを入力します。
  6. [代替 DNS サーバー] ボックスに、優先 DNS サーバーが利用できなくなった場合に使用する DNS コンピュータの IP アドレスを入力します。
  7. [OK] をクリックします。[ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  8. [ローカル エリア接続の状態] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
先頭に戻る

トラブルシューティング

  • IP アドレスが競合している : 既に使用されている IP アドレスを割り当てようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    今構成された静的 IP アドレスは、既にネットワーク上で使われています。別の IP アドレスに構成し直してください。
    この場合、ネットワーク アダプタに未使用の IP アドレスを割り当てます。
  • コンピュータがネットワーク上の他のコンピュータに接続できない : ネットワーク アダプタに不適切なサブネット マスク アドレスを割り当てた場合、コンピュータは実質的に異なるネットワークに配置されるため、ネットワーク内の他のコンピュータに接続できません。
  • コンピュータからホスト名を使用して他のコンピュータに接続できない : 指定した DNS サーバーの IP アドレスが間違っている場合、または DNS サーバーを使用していない場合には、ホスト名を使用してコンピュータに接続することはできません。このため、インターネットの参照はできなくなりますが、IP アドレスを使用して他のコンピュータに接続することはできます。

    ローカル ネットワークでこの問題を回避するには、Hosts ファイル内にホスト名から IP アドレスへのマッピングを追加します。
先頭に戻る


kbnetwork
プロパティ

文書番号:323444 - 最終更新日: 12/03/2007 07:29:00 - リビジョン: 7.2

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition

  • kberrmsg kbhowtomaster kbnetwork KB323444
フィードバック
did=1&t=">