現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 で Powercfg.exe を使用する方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、Windows Server 2003 ファミリで導入されたユーティリティ、Powercfg.exe の使用方法について説明します。このツールを使用してコントロール パネルの電源オプションの設定にアクセスし、コマンド ラインからこれらの設定を行うことができます (管理者の場合)。Powercfg.exe には、コントロール パネルでは設定できない項目を設定するための追加機能もあります。このツールを使用して設定できる電源オプションは、この資料に記載した項目に限られており、電源オプションのすべての項目を設定することはできません。
詳細
Powercfg.exe を使用して設定可能な項目の一覧をオペレーティング システム別に確認するには、コマンド プロンプトで powercfg /? と入力します。Windows Server 2003 ファミリでは電源オプションの多くの項目を設定できます。

この資料では、Windows Server 2003 ファミリで使用可能なすべてのパラメータを示します。

: 無人セットアップを実行する場合、またはインストール後にスクリプトを使用する場合は、Powercfg.exe を使用してコンピュータを構成することができます。

Powercfg.exe は、Windows Server 2003 ファミリ上で動作するように設計されています。Windows 2000 など、その他のオペレーティング システムでも動作する可能性がありますが、マイクロソフトでは Windows Server 2003 ファミリ以外での動作を保証していません。また、そのような使用はサポートしていません。その他のオペレーティング システムでこのツールを使用する場合は、自己の責任において使用してください。Powercfg.exe で使用可能なパラメータを確認するには、コマンド プロンプトで powercfg /? と入力するか、ヘルプ ファイルで "powercfg" を検索します。

Powercfg.exe の構文

powercfg [/list | /query [name] | /create name | /delete name | /setactive name | /change namesettings | /hibernate [on|off] | /export name [/file filename] | /import name [/file file_name] | /globalpowerflag [on|off] /option flag |/batteryalarm {low|critical} [settings] | /?]

Powercfg.exe のパラメータ

/list、/l

これらのパラメータを使用すると、コンピュータ上で使用可能な既存の電源設定がすべて表示されます。コントロール パネルの電源オプションの [電源設定] タブにも同じ一覧が表示されます。

たとえば、/list パラメータを使用すると、以下のデフォルトの電源設定が表示されます。
  • バッテリの最大利用
  • 最小の電源管理
  • 常にオン
  • プレゼンテーション
  • ポータブル/ラップトップ
  • 自宅または会社のデスク
コンピュータにその他の設定を追加している場合は、その設定も一覧に表示されます。

/query、/q

各電源設定の構成を確認するには、次のコマンドを使用します。
powercfg /query scheme
たとえば、powercfg /query "常にオン" を実行すると、[常にオン] の設定内容が表示されます。

: 電源設定名にスペースが含まれている場合、その設定名を二重引用符で囲む必要があります。

電源設定名を指定しない場合、デフォルトの電源設定が表示されます。たとえば、powercfg /query を実行すると、現在の電源設定の構成が表示されます。現在の電源設定は、コントロール パネルの電源オプション ツールに表示されます。

以下に、3 種類のコマンドによる出力例を示します。
  • powercfg /query "自宅または会社のデスク"
    フィールドの説明                  値-----------------            -----名前                             自宅または会社のデスク数値 ID                       0モニタの電源を切る (AC)          20 分後モニタの電源を切る (DC)          5分後ハード ディスクの電源を切る (AC)   行わないハード ディスクの電源を切る (DC)   10 分後システム スタンバイ (AC)         行わないシステム スタンバイ (DC)         5 分後システム休止状態 (AC)           行わないシステム休止状態 (DC)            20 分後プロセッサ調整 (AC)             サポートなしプロセッサ調整 (DC)             サポートなし
  • powercfg /query "バッテリの最大利用"
    フィールドの説明                   値-----------------             -----名前                              バッテリの最大利用数値 ID                        5モニタの電源を切る (AC)          15 分後モニタの電源を切る (DC)          1 分後ハード ディスクの電源を切る (AC)   行わないハード ディスクの電源を切る (DC)   3 分後システム スタンバイ (AC)          20 分後システム スタンバイ (DC)          2 分後システム休止状態 (AC)            45 分後システム休止状態 (DC)            60 分後プロセッサ調整 (AC)              サポートなしプロセッサ調整 (DC)              サポートなし					
  • powercfg /query
    フィールドの説明                   値-----------------             -----名前                              常にオン数値 ID                        3モニタの電源を切る (AC)           20 分後モニタの電源を切る (DC)           15 分後ハード ディスクの電源を切る (AC)    行わないハード ディスクの電源を切る (DC)   30 分後システム スタンバイ (AC)          行わないシステム スタンバイ (DC)          行わないシステム休止状態 (AC)            行わないシステム休止状態 (DC)            行わないプロセッサ調整 (AC)             サポートなしプロセッサ調整 (DC)             サポートなし					
: これらの設定値の単位はすべて分で表示されます。2 時間に設定する場合は 120 分と入力します。

powercfg /query number /numerical コマンドを使用すると、電源設定を名前ではなく番号で検索できます。出力結果は名前で検索した場合と同じです。各設定の番号は以下のとおりです。
  • 5 : バッテリの最大利用
  • 4 : 最小の電源管理
  • 3 : 常にオン
  • 2 : プレゼンテーション
  • 1 : ポータブル/ラップトップ
  • 0 : 自宅または会社のデスク
電源設定を追加または削除すると、番号が変わることがあります。

/create、/c

これらのパラメータを使用すると、指定した名前の電源設定を作成できます。新しい設定は、現在アクティブな設定のプロパティを使用して作成されます。

/delete、/d

これらのパラメータを使用すると、指定した名前の電源設定を削除できます。

/setactive、/s

これらのパラメータを使用すると、指定した名前の電源設定がアクティブになります。

/change、/x

これらのパラメータを使用すると、指定した電源設定の構成を変更できます。以下の追加パラメータを使用して変更内容を指定できます。
  • /monitor-timeout-ac minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが AC 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後モニタの電源が切れます。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /monitor-timeout-dc minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが DC (バッテリ) 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後モニタの電源が切れます。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /disk-timeout-ac minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが AC 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後ハード ディスクの電源が切れます。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /disk-timeout-dc minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが DC (バッテリ) 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後ハード ディスクの電源が切れます。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /standby-timeout-ac minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが AC 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後コンピュータがスタンバイ状態になります。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /standby-timeout-dc minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが DC (バッテリ) 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後コンピュータがスタンバイ状態になります。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /hibernate-timeout-ac minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが AC 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後コンピュータのメモリの内容がディスクに保存され、コンピュータの電源が切れます。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /hibernate-timeout-dc minutes
    このパラメータを使用すると、コンピュータが DC (バッテリ) 電源で動作しているときに、指定した時間 (分) の経過後コンピュータのメモリの内容がディスクに保存され、コンピュータの電源が切れます。値を 0 に設定すると、タイムアウト機能が無効になります。
  • /processor-throttle-ac throttle [none | constant | degrade | adaptive]
    このパラメータを使用して、コンピュータが AC 電源で動作しているときに使用される動的調整ポリシーを選択します (マイクロプロセッサがプロセッサ パフォーマンス状態制御をサポートしている場合)。動的調整ポリシーは、throttle と、次の 4 つの追加パラメータのいずれかを使用して選択します。
    • none
      このパラメータを指定すると、マイクロプロセッサが常に最大のパフォーマンスで動作します。
    • constant
      このパラメータを指定すると、マイクロプロセッサが常に最小のパフォーマンスで動作します。
    • degrade
      このパラメータを指定すると、マイクロプロセッサが最小のパフォーマンスで動作し、コンピュータのバッテリの低下に応じてクロック調整を停止 (リニア パフォーマンス低減とも呼ばれます) することでパフォーマンスを低下させます。通常このパラメータは、コンピュータがバッテリ電源で動作しているときに使用し、/processor-throttle-ac ではほとんど使用しません。
    • adaptive
      このパラメータを指定すると、コンピュータからのマイクロプロセッサ (CPU) の要求に基づいてパフォーマンス状態が動的に変更されます。
  • /processor-throttle-dc throttle [none | constant | degrade | adaptive]
    このパラメータを使用して、コンピュータが DC (バッテリ) 電源で動作しているときに使用される動的調整ポリシーを選択します (マイクロプロセッサがプロセッサ パフォーマンス状態制御をサポートしている場合)。動的調整ポリシーを設定するには、throttle と、/processor-throttle-ac の項目に示したものと同じ 4 つの追加パラメータのいずれかを使用します。
  • AC 設定はコンピュータが AC 電源で動作しているときに使用します。
  • DC 設定はコンピュータがバッテリ電源で動作しているときに使用します。バッテリとは、ラップトップ バッテリか、無停電電源装置 (UPS) を使用するデスクトップのいずれかです。
  • タイムアウト値を 0 に設定すると、対応するタイムアウト機能が無効になります。

/export、/e

このパラメータを使用すると、指定した名前で電源設定をファイルにエクスポートできます。ファイル名を指定しない場合は、デフォルトで Scheme.pow に設定がエクスポートされます。/file file_name パラメータを使用することもできます。

/import、/i

このパラメータを使用すると、指定した名前でファイルから電源設定をインポートできます。ファイル名を指定しない場合は、デフォルトで Scheme.pow に設定がインポートされます。同じ名前の電源設定が既に存在する場合は、新しい電源設定で上書きされます。/file file_name パラメータを使用することもできます。

/hibernate、/h

このパラメータを使用すると、休止機能のオン/オフを切り替えられます。休止機能をサポートするコンピュータの中には、休止機能のタイムアウトをサポートしないものもあります。

/numerical、/n

このパラメータを使用すると、操作する電源設定を数値 ID で指定できます。コマンド ラインで電源設定名の代わりにこのパラメータを使用する場合、数値 ID を指定します。このパラメータは、以下のパラメータと組み合わせて使用できます。
  • /query
  • /delete
  • /setactive
  • /change
  • /export
  • /import

/globalpowerflag、g

構文
/globalpowerflag, /g [on | off] /option: [batteryicon | multibattery | resumepassword | wakeonring | videodim]
このコマンドを使用すると、グローバル電源フラグ機能のオン/オフを切り替えられます。最初のパラメータでこの機能のオン/オフを指定します。/option: パラメータは必須パラメータで、この後にオンまたはオフにする機能の名前を指定します。このコマンドでは以下のパラメータを使用できます。
  • batteryicon
    このパラメータを使用すると、通知領域のバッテリ メーター アイコンのオン/オフを切り替えられます。このフラグがオフになっている場合、バッテリ メーター アイコンは表示されません。
  • multibattery
    このパラメータを使用すると、コンピュータの電源メーターの複数のバッテリ表示のオン/オフを切り替えられます。
  • resumepassword
    このパラメータを使用すると、コンピュータをスタンバイまたは休止状態から再開するときにユーザーにパスワードを要求するかどうかを指定できます。
  • wakeonring
    このパラメータを使用すると、Wake on Ring サポートのオン/オフを切り替えられます。
  • videodim
    このパラメータを使用すると、コンピュータが AC 電源から DC (バッテリ) 電源に移行したときの、ビデオ ディスプレイのディム (薄暗くする) サポートのオン/オフを切り替えられます。

/help、/?

このパラメータを使用すると、以下のコマンド ライン パラメータに関する情報が表示されます。
  • powercfg /list
  • powercfg /query scheme
  • powercfg /query
  • powercfg /create scheme
  • powercfg /delete scheme
  • powercfg /setactive scheme
  • powercfg /change scheme /monitor-timeout-dc 15
  • powercfg /change scheme /monitor-timeout-dc 0
  • powercfg /hibernate on
  • powercfg /export scheme /file file
  • powercfg /query number /numerical
  • powercfg /globalpowerflag on /option:batteryicon
kbappsvc
プロパティ

文書番号:324347 - 最終更新日: 12/03/2007 06:31:00 - リビジョン: 9.3

Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition

  • kbinfo KB324347
フィードバック