現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ターミナル サーバーとターミナル サービスのクライアントが接続されているターミナル サービス クライアントのログオンまたはログオフする場合を一時停止します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:324446
現象
ターミナル サービス クライアントのログオン時または (またはセッションで、ターミナル サーバーのコンソールをオフ)、ログを Microsoft Windows Server 2003 ベースまたはする場合、Microsoft Windows 2000 ベースのターミナル サーバーと接続されているターミナル サービス クライアント コンピューターが応答を停止可能性がありますまたは、数秒間一時停止ことがあります。ユーザーも、次の現象の 1 つ以上あります。
  • この一時停止が終了するまで、ドキュメント内にユーザーが入力すると、文字が画面に表示されません。
  • キーボード入力とマウス入力キューしますが、一時停止が終了するまでは処理されません。
  • パフォーマンスの監視 (Perfmon) のグラフのデータ ポイント間一時停止ない生活してください。
  • 実行中のプログラムが応答を停止または「ハング」するには、一時停止中が表示されます。
  • スプーラーが、多数のユーザーからの負荷の場合は、CPU の使用率が高くが表示されます。
原因
この問題は、サーバー リソース間の競合がある場合に発生します。競合は、遅延処理を一時停止または応答がないと表示される. します。
解決方法

Windows Server 2008

Windows Server 2008 でこの問題を解決する修正プログラムを適用するはありません。ただし、「関連情報」セクション指示に従う必要があります。

Windows Server 2003

Windows Server 2003 でこの問題を解決する修正プログラムを適用する必要はないです。ただし、「関連情報」セクション指示に従う必要があります。

Windows 2000

Windows 2000 Server でこの問題を解決するのには、修正プログラムをインストールし、「関連情報」セクションの指示する必要があります。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。
前提条件
この修正プログラムを適用するには、Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) または Windows 2000 Service Pack がインストールされて 4 (SP4) が必要です。 Windows 2000 の最新の service pack を入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
260910Windows 2000 の最新の service pack を入手する方法
再起動の必要性
この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。
ファイル情報
この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6920     126,736  Adsldp.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6960     132,880  Adsldpc.dll         02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6896      63,760  Adsmsext.dll        02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6928     381,712  Advapi32.dll        24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6824      42,256  Basesrv.dll         02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6866      69,904  Browser.dll         16-Jan-2004  00:18  5.0.2195.6891      35,632  Classpnp.sys   21-Sep-2003  00:45  5.0.2195.6824     236,304  Cmd.exe             24-Feb-2004  05:10  5.0.2195.6901      30,864  Disk.sys   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6920     136,464  Dnsapi.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6876      92,432  Dnsrslvr.dll        02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6920      47,376  Eventlog.dll        15-Apr-2004  22:00  5.0.3900.6920     242,448  Explorer.exe        02-Aug-2004  18:00  0.2.0.1           138,000  Faxui.dll           19-Jun-2003  20:05  5.0.2195.6660     233,744  Gdi32.dll           02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6939     148,752  Kdcsvc.dll          03-May-2004  23:59  5.0.2195.6922     206,096  Kerberos.dll        24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6897     742,160  Kernel32.dll        21-Sep-2003  00:32  5.0.2195.6824      71,888  Ksecdd.sys   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6960     256,784  Localspl.dll        11-Jun-2004  22:18  5.0.2195.6940     512,784  Lsasrv.dll          11-Jun-2004  22:18  5.0.2195.6940      33,552  Lsass.exe           10-Feb-2004  19:47  5.0.2195.6897      30,160  Mountmgr.sys   24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6824      54,544  Mpr.dll             27-Jul-2004  22:03  5.0.2195.6961     409,360  Mrxsmb.sys   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6958     335,120  Msgina.dll          05-May-2004  01:05  5.0.2195.6926     114,960  Msv1_0.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6958     309,008  Netapi32.dll        02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6921     361,744  Netlogon.dll        02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6961     933,648  Ntdsa.dll           23-Jul-2004  19:17  5.0.2195.6960   1,704,128  Ntkrnlmp.exe        23-Jul-2004  19:17  5.0.2195.6960   1,703,744  Ntkrnlpa.exe        23-Jul-2004  19:17  5.0.2195.6960   1,725,504  Ntkrpamp.exe        23-Jul-2004  19:17  5.0.2195.6960   1,680,832  Ntoskrnl.exe        19-Jun-2003  20:05  5.0.2195.6702      66,320  Ntprint.dll         02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6960     955,152  Ole32.dll           02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6868     381,712  Printui.dll         27-Jul-2004  22:03  5.0.2195.6961     169,968  Rdbss.sys   24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6892      90,264  Rdpwd.sys   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6958     435,984  Rpcrt4.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6935     212,240  Rpcss.dll           02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6944     392,976  Samsrv.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6939     114,448  Scecli.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6939     261,392  Scesrv.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.3900.6960   2,358,544  Shell32.dll         04-Jun-2004  23:13  5.0.2195.6935   5,887,488  Sp3res.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6938      80,144  Spoolss.dll         02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6824      12,560  Usbmon.dll          24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6897     403,216  User32.dll          05-Aug-2003  22:14  5.0.2195.6794     385,808  Userenv.dll         02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6920      48,912  W32time.dll         05-Apr-2004  17:46  5.0.2195.6920      57,104  W32tm.exe           14-Jul-2004  01:52  5.0.2195.6960   1,631,696  Win32k.sys   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6924      88,336  Win32spl.dll        11-Mar-2004  02:37  5.0.2195.6898     181,520  Winlogon.exe        02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6825     114,960  Winspool.drv   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6958     244,496  Winsrv.dll          02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6920     127,248  Wldap32.dll         02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6824      57,104  Wlnotify.dll        24-Mar-2004  02:17  5.0.2195.6897     742,160  Kernel32.dll        14-Jul-2004  01:52  5.0.2195.6960   1,631,696  Win32k.sys   02-Aug-2004  18:00  5.0.2195.6958     244,496  Winsrv.dll          02-Aug-2004  18:15                     25,520  Kb324446.cat
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、投入する必要があります、 高度なパフォーマンスを有効にします。 機能は、書き込みキャッシュを有効にしている各ハード・ディスクに対しては、保護の偶然の電源切断に対して書き込みキャッシュがあります。また、いくつかのレジストリ サブキーを構成する必要があります。

Windows 2000 ベースのコンピューターでは、修正プログラムをインストールし、コンピューターを再起動した後に、電源保護書き込みキャッシュ オプションは、書き込みキャッシュを有効にしている各ハード・ディスクに対して保護の偶然の電源切断に対して書き込みキャッシュを持つする必要があります。また、いくつかのレジストリ サブキーを構成する必要があります。

ステップ 1。[有効にするパフォーマンスの詳細] 機能では、Windows Server 2003 または Windows 2000 で Power Protect オプションを有効にします。

Windows Server 2003

オンにするには 高度なパフォーマンスを有効にします。 Windows Server 2003 ベースのコンピューターでを行う場合は、これらの手順を実行します。

警告 のみを有効にすることをお勧めは、 高度なパフォーマンスを有効にします。 バックアップ電源装置にあるディスクの機能です。この設定がディスクのパフォーマンスは向上しますが、ディスクの電源が切れた場合、また、データ消失のリスクが増加します。
  1. クリックしてください。 開始を右クリックして マイ コンピューター、し 管理.
  2. 下にあります。 システム ツールをクリックして デバイス マネージャー.
  3. 右側のウィンドウでを展開します。 ディスク ・ ドライブ.
  4. 構成とクリックをディスク ・ ドライブの右クリックします。 プロパティ.
  5. クリックして、 ポリシー タブします。
  6. 場合は、 ディスク上の書き込みキャッシュを有効にします。 チェック ボックスがオン、オンにします、 高度なパフォーマンスを有効にします。 チェック ボックスします。
  7. クリックしてください。 [OK].

Windows 2000

Windows 2000 で Power Protect オプションを構成するには、Dskcache.exe ツールを使用します。 Dskcache.exe ツールを入手する方法、およびそれを使用して、電源保護を構成する方法の詳細については書き込みキャッシュ オプション、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
811392「電源保護」書き込みキャッシュ オプションを構成するのには、Dskcache.exe ツールを入手します。
パラメーターを付けずに Dskcache.exe を実行すると、すべてのハード ディスクの現在の書き込みキャッシュ設定が表示されます。コンピューターに現在インストールされているハード_ディスクごとに、次の情報が表示されます。
ディスク ・ デバイス :

\\?\\SCSI デバイスの ID>

現在の設定 :
書き込みキャッシュが [有効になっている | 無効]
電源保護は [有効に | 無効]
ハード_ディスクの Power Protect オプションを有効にするを使用して、 pコマンド ライン スイッチです。

たとえば、ドライブ C の Power Protect オプションを有効にするには、コマンド プロンプトで、次の行を入力し、ENTER キーを押します。
dskcache + p c:
ドライブ c: に次の情報が表示されます。
ディスク ・ デバイス :

\\?\\SCSI デバイスの ID>

現在の設定 :
書き込みキャッシュが有効になっています。
電源保護は無効になっています。
新しい設定 :
書き込みキャッシュが有効になっています。
電源保護は有効になっています。
メモPower Protect 書き込みキャッシュ オプションが現在あるディスクのみを有効にできます。既定では、Power Protect オプションが無効です。したがって、このオプションは、この設定を適用した後は、コンピューターに追加したハード_ディスクでが無効です。これらのディスクに適用する設定を必要に応じて追加のハード ディスクを追加すると、それらのディスクについて Power Protect オプションをする必要があります。

ステップ 2。レジストリ サブキーを構成します。

ターミナル サーバー上およびすべてのファイル サーバーで、次のレジストリ サブキーを構成する必要があります。

メモこのセクションでは、する Windows Server 2008、Windows Server 2003 および Windows 2000 に適用されます。
  • で、
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Lanmanserver\Parameters
    サブキーには、次のエントリを構成します。
    • [名前]:
      MaxWorkItems

      データの種類:
      REG_DWORD

      [値のデータ:
      8192 (10 進)
    • [名前]:
      MaxMpxCt

      データの種類:
      REG_DWORD

      [値のデータ:
      2048 (10 進)
    • [名前]:
      MaxRawWorkItems

      データの種類:
      REG_DWORD

      [値のデータ:
      512 (10 進数)
    • [名前]:
      MaxFreeConnections

      データの種類:
      REG_DWORD

      [値のデータ:
      100 (10 進)
    • [名前]:
      MinFreeConnections

      データの種類:
      REG_DWORD

      [値のデータ:
      32 (10 進)
  • で、
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Lanmanworkstation\Parameters
    サブキーには、次のエントリを構成します。
    • [名前]:
      MaxCmds

      データの種類:
      REG_DWORD

      [値のデータ:
      2048 (10 進)
  • 既定では、レジストリがない、
    構成マネージャー
    サブキーします。キーを作成するには、探し、次のサブキーを右クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session マネージャー
    ポイントします。 新しい、し キー.種類 構成マネージャー、し、ENTER キーを押します。

    新機能
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session ・ Manager\Configuration ・ マネージャー
    サブキーには、次のエントリを構成します。
    • 名前: RegistryLazyFlushInterval
      データ型: REG_DWORD
      [値のデータ: 60 (10 進)
修正プログラム パッケージの名前付けの方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
816915Microsoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:324446 - 最終更新日: 07/27/2011 11:00:00 - リビジョン: 3.0

  • kbbug kbfix kbqfe kbwin2000presp5fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB324446 KbMtja
フィードバック
/html>"var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">