現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 でユーザー プロファイルを復元する方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。314045

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明

この資料の内容

概要
この資料では、ユーザー プロファイルと以下のユーザー プロファイルの項目を復元する方法について、順を追って説明します。
  • ドキュメント
  • デスクトップ設定
  • お気に入り
  • Cookie
デフォルトでは、Windows Server 2003 ベースのコンピュータに最初にログオンしたときに %SystemDrive%\Documents and Settings フォルダにユーザー プロファイル フォルダが作成され、フル コントロール アクセス許可が与えられます。このフォルダへのアクセス許可を失った場合、次にこのコンピュータにログオンしたときに新しいプロファイル フォルダが作成されます。そのコンピュータのローカル管理者権限がない限り、元のユーザー プロファイル フォルダにはアクセスできません。

デフォルトでは、Windows は新しいプロファイル フォルダを Documents and Settings フォルダに作成します。そのとき、Windows は新しいプロファイル フォルダの名前にユーザー名を使用しようとします。しかし、元のプロファイル フォルダが存在する場合は、重複しないように新しいフォルダ名を変更します。その結果、ユーザー プロファイル用のプロファイル フォルダが複数存在する場合があります。以下に、Windows が使用するユーザー プロファイルのデフォルトの名前付けスキームを示します。
  • UserName フォルダが存在しない場合、新しいプロファイル フォルダには次の名前が付けられます。
    UserName
  • UserName フォルダが既に存在する場合は、新しいプロファイル フォルダに次の名前が付けられます。
    UserName.ComputerName
  • UserName.ComputerName フォルダが既に存在する場合は、新しいプロファイル フォルダに次の名前が付けられます。
    UserName.ComputerName.000
  • UserName.ComputerName.000 フォルダが既に存在している場合、Windows は、UserName.ComputerName.000 の命名規則に、次に使用できる番号を割り当てます。

    次に例を示します。
    UserName.ComputerName.001
また、作成日時が変更されていなければ、作成日時を参照することによってプロファイル フォルダの作成順序がわかります。

先頭に戻る

ユーザー プロファイルを復元するための必要条件

ユーザー プロファイルを復元するには、Documents and Settings\UserName プロファイル フォルダが存在し、またこのフォルダにフル コントロール アクセス許可を持っている必要があります。ユーザー プロファイル フォルダに適切なアクセス許可を持っていない場合は、本人 (または他のユーザー) が管理者としてコンピュータにログオンし、目的のユーザー プロファイルに必要なアクセス許可を復元する必要があります。

先頭に戻る

現在のプロファイル フォルダから適切なユーザー プロファイル フォルダにドキュメントをコピーする方法

元のプロファイル フォルダへのアクセス許可を失った後で Windows にログオンした場合は、そのユーザー名を使用するプロファイル フォルダが 2 つ以上存在します。復元するユーザー プロファイルからこれらのファイルにアクセスできるようにするには、以下の手順を実行します。
  1. 管理者としてコンピュータにログオンします。
  2. 現在の My Documents フォルダから、復元するプロファイルの My Documents フォルダにすべてのドキュメントをコピーします。

    : Documents and Settings フォルダ以外の場所に My Documents フォルダを移動した場合は、この手順に従う必要はありません。ただし、ユーザー プロファイルを復元した後に、My Documents フォルダのターゲット フォルダの場所を再度指定する必要がある場合があります。
  3. お気に入り一覧のインターネット リンクを保持するには、すべてのインターネット ショートカットを現在の Favorites フォルダから、復元するユーザー プロファイルの Favorites フォルダにコピーします。

    : Desktop.ini ファイルはコピーしないでください。
先頭に戻る

ユーザー プロファイル フォルダにフル コントロール アクセス許可を与える方法

  1. エクスプローラを起動します。
  2. 元のユーザー プロファイル フォルダに移動し、右クリックして [プロパティ] をクリックします。

    デフォルトでは、このフォルダは %SystemDrive%\Documents and Settings\UserName です。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [グループまたはユーザー名] ボックスの一覧で、自分のユーザー名をクリックし、[UserName のアクセス許可] ボックスで、[フル コントロール] の横にある [許可] チェック ボックスをオンにします。

    : [グループ名またはユーザー名] ボックスの一覧に目的のユーザー名がない場合は、[追加] をクリックして [選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスにユーザー名を入力し、[OK] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
先頭に戻る

ユーザー プロファイル レジストリ キーを編集する方法

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

プロファイルのイメージ パスが、この資料の前半の「ユーザー プロファイル フォルダにフル コントロール アクセス許可を与える方法」でフル コントロール アクセス許可を与えたユーザー名を指すように、レジストリを編集します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 復元するユーザー プロファイル名を使用してコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  4. レジストリ エディタで、次のレジストリ サブキーに移動して、キーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList
  5. 対象となるユーザー プロファイル フォルダに移動します。

    : ProfileList サブキーをクリックすると、いくつかのフォルダがこのサブキーの下に表示されます。これらのフォルダは、それぞれ異なるユーザーに属します。また、これらのフォルダには、ユーザー名ではなくユーザー SID (セキュリティ ID) 名に基づく名前が付けられています。

    目的のユーザー プロファイル フォルダを見つけるには、以下の方法のいずれかを使用します。
    • ProfileList サブキーの下に表示されている各フォルダをクリックし、右側のウィンドウで ProfileImagePath 値を参照します。

      この値には、ユーザー プロファイルへのパス (%SystemDrive%\Documents and Settings\UserName など) が含まれます。

      目的のユーザー プロファイルを参照する ProfileImagePath 値を含むフォルダを探します。

      または
    • レジストリ エディタで、[編集] メニューの [検索] をクリックします。[検索する値] ボックスにユーザー名を入力し、[検索対象] の [データ] チェック ボックスをオンにし、[キー] チェック ボックスと [値] チェック ボックスをオフにします。[次を検索] をクリックします。

      F3 キーを押し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList サブキーの下で、目的のユーザー名を参照する ProfileImagePath 値を含む適切なフォルダが見つかるまで繰り返し検索します。
  6. 目的のユーザー プロファイルのサブキー フォルダが見つかったら、ProfileImagePath 値をダブルクリックします。
  7. [値のデータ] ボックスに、復元するユーザー プロファイル フォルダへのパスを入力して [OK] をクリックします。
  8. レジストリ エディタを終了します。
次にこのコンピュータにログオンするときに、復元したユーザー プロファイルが使用されます。

先頭に戻る


kbmgmtsvc
プロパティ

文書番号:324734 - 最終更新日: 12/03/2007 06:20:00 - リビジョン: 8.3

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition

  • kbhowtomaster kbmgmtservices KB324734
フィードバック