Windows で問題が発生するビデオの再生中にデスクトップを拡張します。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:325771
現象
Windows Media Player がプライマリ ディスプレイにビデオを再生中に、セカンダリ ディスプレイにデスクトップを拡張しようとすると、次の現象のいずれかが発生する可能性があります。
  • サウンドを再生するのには続いていますが、ビデオが見つからないことがあります。
  • ビデオが停止し、起動しようとすると、エラー メッセージが表示される場合がありますまたはビデオに音を鳴らすこと場合があります。
次のシナリオのいずれかが true の場合これらの現象も発生します。
  • ビデオの再生中に、セカンダリ モニターに拡張デスクトップを無効にしようとするとします。
  • Windows Media Player 以外のサードパーティ製のビデオ再生プログラムを使用しています。
原因
Microsoft DirectDraw の制限によって、この問題が発生します。
回避策
この問題を解決するには、次の方法のいずれかをご使用ください。
  • オフにするまたは有効にした後、セカンダリ モニターに拡張デスクトップは、ビデオの再生プログラムを停止し、再び起動します。
  • オフにするか、ビデオの再生を開始する前に、拡張デスクトップを有効にします。
  • 全画面表示モードでビデオの再生を作成しようとしてください。
  • 移動またはビデオの再生を開始する前に、モニターを回転させます。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。
mpeg1 mpeg2 videocd dvd vcd avi デュアル ビュー

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:325771 - 最終更新日: 10/12/2015 09:28:00 - リビジョン: 2.0

Windows 10, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbdisplay kbprb kbui consumertargetwinfy13 kbmt KB325771 KbMtja
フィードバック