現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

PCI デバイスのプラグ アンド プレイではないドライバをインストールすると問題が発生する

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Windows 2000 または Windows XP ドライバをインストール済みの PCI デバイスに対して、古い Microsoft Windows NT 4.0 ドライバをインストールすると、その PCI デバイス用のリソースが再割り当てされます。 PCI デバイスのリソースが Windows NT 4.0 ドライバに再割り当てされると、Windows 2000 または Windows XP ドライバはデバイスと通信できなくなります。
原因
古いドライバから呼び出される HalAssignSlotResources 関数が、PCI デバイスを調整する前に、デバイスが既にプラグ アンド プレイ デバイス ドライバのサービスを受けているかどうかを確認しません。
回避策
既にプラグ アンド プレイ ドライバによって制御されている PCI デバイスに対して、プラグ アンド プレイではない古いドライバをインストールしないでください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 325955 (最終更新日 2002-10-22) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:325955 - 最終更新日: 10/06/2003 19:11:00 - リビジョン: 1.4

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbbug kbpending KB325955
フィードバック