Visual C# を使用して、Active Directory をポーリングする方法を変更します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:326091
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
この資料で説明する方法Microsoft Visual C# を使用して、Active Directory への変更ポーリングします。NET または Microsoft Visual C#。これを行うには方法を示すサンプル コードを掲載しています。
詳細
するにはActive Directory への変更をポーリングするは、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Visual Studio を起動します。NET またはマイクロソフトの Visual Studio 2005。
  2. 新規作成します。Visual C# コンソール アプリケーションのプロジェクトです。

    既定では、Visual Studio で、Class1.cs ファイルが作成されます。Visual Studio 2005 年には NET で、Program.cs ファイルが作成されます。
  3. クリックしてください。 プロジェクト、し 追加参照.

    は、 参照を追加します。 ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. クリックしてください。 System.DirectoryServices.dll.
  5. クリックして、 COM タブします。
  6. クリックしてください。 アクティブな DS タイプ ライブラリ.
  7. クリックしてください。 [OK] 追加するのには System.DirectoryServicesADSI ライブラリ 現在のプロジェクトに参照として。
  8. 自動生成されたコードまたは、Class1.cs、Program.cs ファイルに置き換え、次のコード:
    // Use Visual C# .NET to poll for changes to the Active Directory.using System;using System.DirectoryServices;using ActiveDs; namespace ConsoleApplication1{	class Class1	{		[STAThread]		static void Main(string[] args)		{			//TODO: Set UserName, DomainName, and UpperLevelDomain to reflect your environment.			PollADObject( "LDAP://cn=UserName,cn=Users,dc=DomainName,dc=UpperLevelDomain" );		}    		static void PollADObject(string strUserADSPath )		{			DirectoryEntry oUser = new DirectoryEntry(strUserADSPath);			string strUserName = oUser.Name ;					 			IADsLargeInteger li_ad = (IADsLargeInteger)oUser.Properties["USNChanged"].Value ;			long l_uChanged = GetLongFromLargeInteger( li_ad );			System.Console.WriteLine( l_uChanged.ToString()+"  " + strUserName );			Console.ReadLine();		}		static long GetLongFromLargeInteger(  IADsLargeInteger  Li )		{			long retval = Li.HighPart;			retval <<=32;			retval |=(uint)Li.LowPart;			return retval;		}	}}
  9. 前のサンプル コードの TODO 文字列を検索します。環境に合わせて、サンプル コードを変更します。
  10. F5 キーを押してコンパイルし、アプリケーションを実行します。
関連情報
Active Directory 内の変更の追跡の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
のActive directory の変更の追跡の関連情報を参照してください。「変更の追跡」トピック「を使用して Active Directory」で、プラットフォーム SDK です。
adsi の広告

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:326091 - 最終更新日: 12/07/2015 11:47:14 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB326091 KbMtja
フィードバック