現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 でバックアップ機能を使用してデータのバックアップおよび復元を行う方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP326216
概要
この資料では、バックアップ機能を使用して Windows Server 2003 ベースのコンピュータ上でデータのバックアップおよび復元を行う方法について、手順を追って説明します。この資料はデータのバックアップおよび復元を実行するユーザーを対象としており、システム構成とローカル レジストリのバックアップ方法および復元方法についても説明します。

この資料に記載されている手順を実行するには、Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバとしてログオンする必要があります。

先頭に戻る

サーバーのバックアップ

データのバックアップは手動で行うことも、バックアップ機能に含まれるバックアップ ウィザードを使用して行うこともできます。バックアップを実行できるのは、サーバーのコンテンツ全体、サーバーの一部のデータ、またはシステム状態データ (システム構成情報) です。

先頭に戻る

選択したファイルまたはフォルダをバックアップする方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。バックアップまたは復元ウィザードが起動します。
  2. [詳細モードに切り替えて実行する] をクリックします。
  3. [バックアップ] タブをクリックします。
  4. [ジョブ] メニューの [新規] をクリックします。
  5. バックアップする項目を含むドライブまたはフォルダを展開します。バックアップするファイル、フォルダ、またはドライブの横のチェック ボックスをオンにします。
  6. 以下のいずれかの手順を実行して、新しいジョブのバックアップ先を [バックアップ先] ボックスで指定します。
    • ファイルとフォルダをファイルにバックアップする場合は、[ファイル] をクリックします。
    • テープにバックアップする場合は、テープ デバイスをクリックします。

      : テープ デバイスがコンピュータに接続されていない場合、[バックアップ先] ボックスで使用できるバックアップ メディアの種類は [ファイル] のみです。
  7. [バックアップを格納するメディア名またはファイル名] ボックスで、以下のいずれかの手順を実行します。
    • ファイルにバックアップする場合は、バックアップ (.bkf) ファイルのパスとファイル名を指定します。または、[参照] をクリックし、ファイル名とファイルの保存先を指定して、[保存] をクリックします。
    • テープにバックアップする場合は、使用するテープをクリックします。
  8. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[オプション] ページの該当するタブで、その他のバックアップ オプションを指定します。[OK] をクリックします。
  9. [バックアップの開始] をクリックします。
  10. データの検証やハードウェアによる圧縮などの詳細なバックアップ オプションを設定する場合は、[詳細設定] をクリックします。使用するオプションを指定し、[OK] をクリックします。
  11. [バックアップ ジョブ情報] ページで設定内容を確認します。バックアップ先メディア内の既存の情報をこのバックアップで置き換えるか、あるいはこのバックアップを既存の情報に追加するかを指定します。
  12. [バックアップの開始] をクリックします。
先頭に戻る

システム状態 (レジストリ設定など) をバックアップする方法

レジストリ ハイブ システム、ソフトウェア、セキュリティ、セキュリティ アカウント マネージャ (SAM) およびデフォルト ユーザー (ただし HKEY_CURRENT_USER は含みません) を含む、システム状態をバックアップするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。バックアップまたは復元ウィザードが起動します。
  2. [詳細モードに切り替えて実行する] をクリックします。
  3. [バックアップ] タブをクリックします。
  4. [ジョブ] メニューの [新規] をクリックします。
  5. [System State] チェック ボックスをオンにします。
  6. バックアップする他のファイル、フォルダ、またはドライブの横のチェック ボックスをオンにします。
  7. 以下のいずれかの手順を実行して、新しいジョブのバックアップ先を [バックアップ先] ボックスで指定します。
    • ファイルとフォルダをファイルにバックアップする場合は、[ファイル] をクリックします。
    • テープにバックアップする場合は、テープ デバイスをクリックします。

      : テープ デバイスがコンピュータに接続されていない場合、[バックアップ先] ボックスで使用できるバックアップ メディアの種類は [ファイル] のみです。
  8. [バックアップを格納するメディア名またはファイル名] ボックスで、以下のいずれかの手順を実行します。
    • ファイルにバックアップする場合は、バックアップ (.bkf) ファイルのパスとファイル名を指定します。または、[参照] をクリックし、ファイル名とファイルの保存先を指定して、[保存] をクリックします。
    • テープにバックアップする場合は、使用するテープをクリックします。
  9. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[オプション] ページの該当するタブで、その他のバックアップ オプションを指定します。[OK] をクリックします。
  10. [バックアップの開始] をクリックします。
  11. データの検証やハードウェアによる圧縮などの詳細なバックアップ オプションを設定する場合は、[詳細設定] をクリックします。使用するオプションを指定し、[OK] をクリックします。
  12. [バックアップ ジョブ情報] ページで設定内容を確認します。バックアップ先メディア内の既存の情報をこのバックアップで置き換えるか、あるいはこのバックアップを既存の情報に追加するかを指定します。
  13. [バックアップの開始] をクリックします。
先頭に戻る

バックアップの開始日時のスケジュールを設定する方法

バックアップ処理は、システムの使用率が低いときに実行しますが、通常は夜間や週末が該当します。そこで、特定の日時にバックアップ ジョブを実行するようにスケジュールを設定することができます。

: バックアップ処理のスケジュールを設定するには、タスク スケジューラ サービスが実行されている必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。バックアップまたは復元ウィザードが起動します。
  2. [詳細モードに切り替えて実行する] をクリックします。
  3. [バックアップ] タブをクリックします。
  4. [ジョブ] メニューの [新規] をクリックします。
  5. バックアップする項目を含むドライブまたはフォルダを展開します。バックアップするファイル、フォルダ、またはドライブの横のチェック ボックスをオンにします。
  6. 以下のいずれかの手順を実行して、新しいジョブのバックアップ先を [バックアップ先] ボックスで指定します。
    • ファイルとフォルダをファイルにバックアップする場合は、[ファイル] をクリックします。
    • テープにバックアップする場合は、テープ デバイスをクリックします。

      : テープ デバイスがコンピュータに接続されていない場合、[バックアップ先] ボックスで使用できるバックアップ メディアの種類は [ファイル] のみです。
  7. [バックアップを格納するメディア名またはファイル名] ボックスで、以下のいずれかの手順を実行します。
    • ファイルにバックアップする場合は、バックアップ (.bkf) ファイルのパスとファイル名を指定します。または、[参照] をクリックし、ファイル名とファイルの保存先を指定して、[保存] をクリックします。
    • テープにバックアップする場合は、使用するテープをクリックします。
  8. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[オプション] ページの該当するタブで、その他のバックアップ オプションを指定します。[OK] をクリックします。
  9. [バックアップの開始] をクリックします。
  10. [スケジュール] をクリックします。

    バックアップのスケジュールの設定を保存するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。[名前を付けて保存] ページが表示されたら、ファイル名とバックアップ先を指定して [保存] をクリックします。
  11. [ジョブ名] ボックスに、スケジュールを設定するバックアップ ジョブの名前を入力し、[プロパティ] をクリックします。
  12. [スケジュール] タブをクリックします。[タスクのスケジュール] ボックスで、バックアップ ジョブの実行頻度をクリックし、[開始時刻] ボックスにバックアップを実行する時刻を入力して、[OK] をクリックします。
  13. [アカウント情報の設定] ページが表示されたら、スケジュールを設定したバックアップを実行するユーザーのユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
  14. [OK] をクリックします。

    スケジュールを設定したバックアップ ジョブが、[スケジュール ジョブ] タブのカレンダーに表示されます。指定した時間になると、自動的にバックアップ ジョブが開始されます。
  15. [バックアップ ユーティリティ] ページを閉じます。
先頭に戻る

バックアップ ウィザードを使用してデータをバックアップする方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。バックアップまたは復元ウィザードが起動します。
  2. [詳細モードに切り替えて実行する] をクリックします。
  3. [ウィザード] タブで、[バックアップ ウィザード (詳細)] をクリックします。バックアップ ウィザードが起動したら、[次へ] をクリックします。
  4. バックアップする内容を指定し、[次へ] をクリックします。
  5. 手順 4. で [選択したファイル、ドライブ、ネットワーク データのみのバックアップを作成する] を選択した場合は、バックアップする項目を含むドライブまたはフォルダを展開し、バックアップするドライブ、フォルダ、またはファイルの横のチェック ボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。
  6. バックアップの種類、バックアップ先、および名前を各ボックスに指定し、[次へ] をクリックします。

    : テープ デバイスがコンピュータに接続されていない場合、[バックアップの種類を選択してください] ボックスで使用できるバックアップ メディアの種類は [ファイル] のみです。
  7. [バックアップ ウィザードの完了] ページで設定内容を確認します。詳細なバックアップ オプションを指定する場合は、[詳細設定] をクリックし、使用するオプションを指定して [OK] をクリックします。
  8. [完了] をクリックします。
先頭に戻る

サーバーへのデータの復元

データが失われるなどの事態が発生した場合、バックアップしたデータを手動で復元したり、バックアップ機能に含まれる復元ウィザードを使用して復元したりすることができます。

先頭に戻る

選択したファイルをファイルまたはテープから復元する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。バックアップまたは復元ウィザードが起動します。
  2. [詳細モードに切り替えて実行する] をクリックします。
  3. [メディアの復元と管理] タブをクリックします。
  4. 復元するメディアをクリックし、復元するドライブ、フォルダ、またはファイルの横のチェック ボックスをオンにします。
  5. [ファイルの復元先] ボックスで、以下のいずれかの手順を実行して、ファイルの復元先を指定します。
    • データのバックアップ元と同じ場所にファイルまたはフォルダを復元する場合は、[元の場所] をクリックして手順 7. に進みます。
    • ファイルまたはフォルダを別の場所に復元する場合は、[場所の指定] をクリックします。

      このオプションでは、バックアップしたデータのフォルダ構造が維持されます。
    • ファイルとフォルダを単一の場所に復元する場合は、[単一のフォルダ] をクリックします。
  6. [場所の指定] または [単一のフォルダ] を選択した場合、データを復元する場所を入力するか、[参照] をクリックして復元先を選択し、[OK] をクリックします。
  7. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[復元オプション] タブをクリックし、使用する復元オプションを指定して、[OK] をクリックします。
  8. [復元の開始] をクリックします。
  9. [復元の確認] ページで、詳細な復元オプションを設定する場合は [詳細設定] をクリックします。[OK] をクリックします。
  10. [OK] をクリックして、復元処理を開始します。
先頭に戻る

システム状態データ (レジストリ情報など) を復元する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。バックアップまたは復元ウィザードが起動します。
  2. [詳細モードに切り替えて実行する] をクリックします。
  3. [メディアの復元と管理] タブをクリックします。
  4. [復元する項目] ボックスで、復元するメディアを展開し、[システム状態] チェック ボックスをオンにします。
  5. 復元する他のドライブ、フォルダ、またはファイルの横のチェック ボックスをオンにします。
  6. [ファイルの復元先] ボックスで、以下のいずれかの手順を実行して、ファイルの復元先を指定します。
    • データのバックアップ元と同じ場所にファイルまたはフォルダを復元する場合は、[元の場所] をクリックして手順 8. に進みます。
    • ファイルまたはフォルダを別の場所に復元する場合は、[場所の指定] をクリックします。

      このオプションでは、バックアップしたデータのフォルダ構造が維持されます。
    • ファイルとフォルダを単一の場所に復元する場合は、[単一のフォルダ] をクリックします。

      : データの復元先として別の復元先を指定しない場合、現在のシステム状態データは消去され、復元する情報によって置き換えられます。
  7. [場所の指定] または [単一のフォルダ] を選択した場合、データを復元する場所を入力するか、[参照] をクリックして復元先を選択します。
  8. [復元の開始] をクリックします。
  9. [復元の確認] ページで、詳細な復元オプションを設定する場合は [詳細設定] をクリックします。[OK] をクリックします。
  10. [OK] をクリックして、復元処理を開始します。
先頭に戻る

復元ウィザードを使用してバックアップしたデータを復元する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] を順にポイントし、[バックアップ] をクリックします。バックアップまたは復元ウィザードが起動します。
  2. [詳細モードに切り替えて実行する] をクリックします。
  3. [ウィザード] タブで、[復元ウィザード (詳細)] をクリックします。復元ウィザードが起動したら [次へ] をクリックします。
  4. [復元する項目] ボックスで、復元するメディアを展開し、復元するドライブ、フォルダ、またはファイルの横のチェック ボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。
  5. [復元ウィザードの完了] ページで設定内容を確認します。詳細なバックアップ オプションを指定する場合は、[詳細設定] をクリックし、使用するオプションを指定して、[OK] をクリックします。
  6. [完了] をクリックします。
先頭に戻る

トラブルシューティング

データのバックアップまたは復元ができない

データのバックアップまたは復元を行うには、ローカル コンピュータ上の Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバである必要があります。

先頭に戻る

バックアップ操作のスケジュールを設定できない

バックアップのスケジュールを設定するには、タスク スケジューラ サービスが実行されている必要があります。タスク スケジューラ サービスが実行されていない場合は、以下の手順を実行してサービスを開始します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで net start schedule と入力し、Enter キーを押します。

先頭に戻る
kbappsvc
プロパティ

文書番号:326216 - 最終更新日: 12/03/2007 07:30:08 - リビジョン: 9.5

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition

  • kbstoragemgmt kbhowtomaster KB326216
フィードバック
html>