Windows 2000 Service Pack 3 を実行している証明機関の証明書を要求できない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP326782
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) ベースのコンピュータで実行されている証明機関 (CA) からの証明書を、Web 登録ページにログオンして入手しようとすると、以下の両方の現象が発生することがあります。
  • "ActiveX コントロールをダウンロードしています" メッセージが表示される。

    および
  • ActiveX コントロールのダウンロード処理が成功せず、証明書を入手できない。
原因
この現象は、以下の両方の条件に該当する場合に発生します。
  • クライアント コンピュータが Windows 95 または Windows 98 を実行している。

    および
  • クライアント コンピュータに Internet Explorer 4.01 Service Pack 2 (SP2) 以前がインストールされている。
Windows 2000 SP3 には新しい ActiveX コントロールが含まれています。CA が Windows 2000 SP3 ベースのコンピュータで実行されている場合、クライアントがこの CA への証明書要求の作成および送信を行うには、この ActiveX コントロールをダウンロードする必要があります。この ActiveX コントロールは、Internet Explorer 4.01 SP2 以前を使用している Windows 95 または Windows 98 ベースのコンピュータでは動作しません。
解決方法
この問題を解決し、Windows 95 および Windows 98 ベースのクライアントが Web ベースの証明書登録を使用して証明書を正常に入手できるようにするには、クライアント コンピュータに Microsoft Internet Explorer 5.0 以降をインストールします。

最新バージョンの Internet Explorer を入手するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 326782 (最終更新日 2002-07-25) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:326782 - 最終更新日: 01/30/2014 16:13:10 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
  • kbnosurvey kbarchive kbprb KB326782
フィードバック