BUG: マルチスレッド アプリケーションできます非同期クリーンアップのためのデッドロック

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:327443
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
特定の状況は、COM + アプリケーションで実行される System.EnterpriseServices.ServicedComponent クラスから派生するクラスが応答を停止 (デッドロック)。
原因
この問題は、アクティビティのデッドロックによって発生します。 アクティビティ、非同期のクリーンアップのコンポーネントの参照のためのマルチスレッド アプリケーションでデッドロックことができます。
解決方法
この問題を解決するには、COM + オブジェクトのクライアントは Dispose メソッドを呼び出す体系。 この呼び出しにより、COM + の決定的なクリーンアップ オブジェクト。 ServicedComponent オブジェクトを使用して定義したら、 Dispose メソッドを呼び出す必要があります。
状況
マイクロソフトでは、この不具合をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の不具合として認識しています。
関連情報
についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
318000ASP.NET からトランザクション COM + コンポーネントを呼び出すと、FIX さまざまな問題
312118アプリケーションが、System.EnterpriseServices.ServicedComponent クラスから派生されているコンポーネントを含まれる場合が予想よりも詳細、システム メモリ使用量と、ハンドル カウントを増やす
エンタープライズ サービスの詳細については (COM +) .NET で、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:327443 - 最終更新日: 02/24/2014 15:45:18 - リビジョン: 4.4

Microsoft .NET Framework 1.1, Microsoft .NET Framework 1.0, Microsoft Enterprise Services (included with the .NET Framework) 1.0, Microsoft COM+ 1.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbnofix kbgarbagecollect kbmt KB327443 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)