現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange で混在モードからネイティブ モードに変換する

概要
この資料では、現在混在モードで実行されている Microsoft Exchange 2000 組織または Microsoft Exchange 2003 組織をネイティブ モードに変換する方法を説明します。組織内の最後の Exchange 5.5 サーバーをアップグレードした後、または最後の Exchange 5.5 サーバーの使用を中止した後に、ここに記載されている手順を実行します。

先頭に戻る

Exchange 2000 および Exchange 2003 の混在モード

混在モードで実行されている組織は、すべてのバージョンの Microsoft Exchange に対応できます。デフォルトでは、Exchange 2000 と Exchange 2003 は混在モードでインストールされます。

Exchange 2000 および Exchange 2003 が混在モードで実行されている場合は、次の制限が適用されます。
  • Exchange Server 5.0 および 5.5 のサイトが、管理グループに直接マップされます。
  • 管理グループが、Exchange Server 5.0 および 5.5 のサイトに直接マップされます。
  • 管理グループ間でサーバーを移動することはできません。
  • ルーティング グループのメンバは、管理グループ内にインストールされているサーバーのみで構成されます。
先頭に戻る

Exchange 2000 および Exchange 2003 のネイティブ モード

ネイティブ モードで実行されている組織が対応できるのは、Exchange 2000 コンピュータまたは Exchange 2003 コンピュータのみです。Exchange Server 5.0 または 5.5 のコンピュータを組織に新規に導入することはできません。

Exchange 2000 組織または Exchange 2003 組織をネイティブ モードに切り替えられるのは、組織内のすべてのサーバーを Exchange 2000 または Exchange 2003 にアップグレードしてからです。以前のバージョンの Exchange Server をすべてアップグレードまたは使用中止してからでなければ、ネイティブ モードへの切り替えはできません。

Exchange 2000 および Exchange 2003 のネイティブ モードには、次のような機能があります。
  • 単一の管理グループ内で複数のルーティング グループのサポートが可能です。
  • ルーティング グループは、複数の管理グループに所属するサーバーで構成可能です。
  • ルーティング グループ間でのサーバー移動が可能です。
  • 組織内の異なる管理グループに属するサーバー間でのメールボックス移動が可能です。
  • SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) が、デフォルトのルーティング プロトコルです。
  • 管理グループにルーティング グループを含める必要はなく、サーバーは、管理グループ内のルーティング グループに所属せずに、その管理グループに所属することができます。
先頭に戻る

Exchange 組織のモードの確認

デフォルトでは、Exchange 2000 サーバーまたは Exchange 2003 サーバーは、混在モードでインストールされます。Exchange 組織が現在動作中のモードを確認するには、次の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャを起動します。[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[Microsoft Exchange] の順にポイントして、[システム マネージャ] をクリックします。
  2. モードを確認する組織を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブをクリックします。[処理モード] の下に、この組織の処理モードが表示されます。
先頭に戻る

混在モードからネイティブ モードに切り替える時期

ネイティブ モードに変更するのに適した時期は、次のような状況です。
  • 組織内に Exchange 5.5 ベースのサーバーがまったくない場合
  • 今後 Exchange Server 5.5 サーバーを組織に追加する予定がない場合
  • 現在の組織で今後、Exchange 2000 または Exchange 2003 と、それ以前のバージョンの Exchange Server を実行しているサーバーとを相互運用する必要がない場合
  • 現在の組織で、Exchange Server 5.5 でのみ動作するコネクタまたはゲートウェイのプログラムが使用されていない場合
先頭に戻る

混在モードからネイティブ モードへの変更

組織を混在モードからネイティブ モードに変更する前に、組織内のすべてのコンピュータで Exchange 2000 または Exchange 2003 を実行している必要があります。ネイティブ モードに切り替えると、混在モードに戻すことはできません。この切り替えによる影響を十分に検討したうえで、作業を進める必要があります。

Exchange 2000 より前のバージョンの Exchange Server をすべてアップグレードまたは削除した後、以下の手順で Exchange システム マネージャを使用して、Exchange 2000 組織または Exchange 2003 組織をネイティブ モードに切り替えることができます。
  1. Exchange システム マネージャを起動します。[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[Microsoft Exchange] の順にポイントして、[システム マネージャ] をクリックします。
  2. 組織を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブをクリックし、[処理モードの変更] の下の [モードの変更] をクリックします。組織のモードを恒久的にネイティブ モードに切り替えて問題ないと確認できる場合は、[はい] をクリックします。
先頭に戻る

関連情報
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
270143 [XADM] 混在モード vs. ネイティブ モード
272314 [XADM] 混在モードの組織をネイティブ モードに変換するための準備

先頭に戻る
intra-site intrasite inter-site intersite RG AG ESM
プロパティ

文書番号:327779 - 最終更新日: 12/03/2007 06:20:00 - リビジョン: 3.6

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition

  • kbhowtomaster KB327779
フィードバック
Element('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">