現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Microsoft Exchange System Attendant サービスを開始できない

現象
Microsoft Exchange System Attendant サービスを手動で開始できない場合があります。また、次のいずれかまたは複数のエラー メッセージがアプリケーション イベント ログに出力される場合があります。
種類 : エラー
ソース : MSExchangeDSAccess
イベント ID : 2102
説明 : プロセス MAD.EXE (PID=1088)。以下に示す使用中のドメイン コントローラ サーバーのすべてから応答がありません。List of domain controllers

または

種類 : エラー
ソース : MSExchangeSA
分類 : General
イベント ID : 9004
説明 : メタベース更新サービスを開始できませんでした。エラーは '80040a01' です。

または

種類 : エラー
ソース : MSExchangeMU
分類 : General
イベント ID : 1002
説明 : メタベース更新エージェントを開始できませんでした。エラー コードは 80040a01 です。

または

種類 : エラー
ソース : MSExchangeSA
分類 : General
イベント ID : 1005
説明 : 予期しないエラー 不明なエラーが発生しました。ID 番号: 80040a01 Microsoft Exchange System Attendant が発生しました。
原因
この問題は、以下のいずれかまたは複数の状況に該当する場合に発生することがあります。
  • Exchange サーバーが Exchange Domain Servers グループのメンバに含まれていない。
  • Exchange サーバー上のいずれかのネットワーク アダプタに、手動で構成された DNS サフィックスがある。

    : ネットワーク アダプタは、ネットワーク インターフェイス カード (NIC) とも言います。
解決方法
この問題を解決するには、Exchange サーバーを Exchange Domain Servers グループに追加します。これを行うには、次の手順を実行します。

Exchange サーバーを Exchange Domain Servers グループに追加する

: 次の手順は、ドメイン コントローラ上で実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[Active Directory ユーザーとコンピュータ] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで、[Users] をダブルクリックします。
  3. 右側のウィンドウで、[Exchange Domain Servers] グループをダブルクリックします。
  4. [Exchange Domain Servers のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[メンバ] タブをクリックして、[追加] をクリックします。
  5. ユーザー、連絡先、コンピュータの一覧で、該当する Exchange サーバーをクリックし、[追加] をクリックして、[OK] をクリックします。
  6. [メンバ] をクリックします。
  7. [Exchange Enterprise Servers] が一覧にない場合は、[追加] をクリックし、[Exchange Enterprise Servers] をクリックして、[追加] をクリックします。
  8. [OK] を 2 回クリックします。
  9. [Active Directory ユーザーとコンピュータ] ウィンドウを閉じます。
  10. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、Enter キーを押します。
  11. 次のように入力します。
    Secedit /Refreshpolicy Machine_Policy /Enforce
  12. Microsoft Exchange System Attendant サービスを手動で開始します。

ネットワーク アダプタの DNS サフィックスを消去する

  1. Exchange サーバーで、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、ncpa.cpl と入力します。
  2. ネットワーク アダプタのネットワーク接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [詳細設定] をクリックし、[DNS] タブをクリックします。
  5. [プライマリ DNS サフィックスの親サフィックスを追加する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。
  6. [この接続の DNS サフィックス] ボックスのテキストを削除して、このボックスを空白にします。
  7. [OK] を 2 回クリックし、[閉じる] を 1 回クリックします。
  8. [ネットワーク接続] ウィンドウに表示されているその他のネットワーク アダプタに関しても手順 1. ~ 7. を繰り返します。
  9. コンピュータを再起動します。

XADM
プロパティ

文書番号:327844 - 最終更新日: 11/26/2007 01:40:00 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
  • kberrmsg kbprb KB327844
フィードバック
ript> >/body>cation.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");