現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 Service Pack 3 のインストール後 16 ビット PC カード デバイスが動作しない

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、システムの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Description of the Microsoft Windows Registry
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Service Pack 3 (SP3) が組み込まれた (スリップ ストリーム) Windows 2000 のインストール後、一部の 16 ビットの内蔵および外部 PC カード デバイスが正常に機能しないことがあります。PC カード デバイスは、PCMCIA (Personal Computer Memory Card International Association) デバイスとも呼ばれます。
原因
PC カード デバイスの IRQ が正しくルーティングされていない場合に、この現象が発生することがあります。この現象が頻繁に発生するデバイスは、次のとおりです。
  • PC カード規格に基づいた内蔵ワイヤレス ネットワーク アダプタ
  • デスクトップ コンピュータ上の PC カード スロットで使用されるデバイス
これらすべてのデバイスは PCI ルーティングを必要とします。デフォルトでは、Windows 2000 SP3 で PCMCIA から PCI への IRQ ルーティングは無効にされています。
解決方法
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要です。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

Windows 2000 SP3 を使用している場合、IRQ ルーティングを有効にするには、レジストリを編集します。そのためには、レジストリ エディタを起動し、次のレジストリ キーを表示します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Pcmcia\Parameters
このレジストリ キーに次のレジストリ値を追加し、レジストリ エディタを終了します。
値の名前 : DisableIsaToPciRouting
データの種類 : DWORD
値のデータ : 0
詳細
この現象は、Lucent/Orinoco 802.1x ワイヤレス ネットワーク アダプタで発生することがあります。このアダプタのインストール後、ネットワークが利用可能で、同じ信号強度が維持されているように見えます。しかし、ネットワークは利用できず、ネットワーク アイコンの上に赤い "X" が表示されます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 327947 (最終更新日 2003-11-20) を基に作成したものです。
802.11 wifi wi-fi ieee
プロパティ

文書番号:327947 - 最終更新日: 05/26/2004 07:25:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • kbenv kbnetwork kbprb KB327947
フィードバック