現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

グループ ポリシーまたはレジストリの設定を使用して自動更新を構成する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
コンピューターの管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンしている場合、通知領域に、Windows の自動更新機能を構成するように求めるメッセージが表示されることがあります。

Windows 7、Windows Vista、および Windows XP での自動更新機能の使用の可否および構成方法と使用方法の詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。306525: Windows での自動更新の構成方法および使用方法

詳しい知識のあるユーザーや IT プロフェッショナルの場合は、この資料で説明されている以下の方法を使用して、自動更新機能を構成することができます。
  • グループ ポリシーを使用する
  • レジストリを変更する

ローカル グループ ポリシーを使用して自動更新を構成する

  1. [スタート] をクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. gpedit.msc」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [コンピューターの構成] を展開します。
  4. [管理用テンプレート] を右クリックし、[テンプレートの追加と削除] をクリックします。
  5. [追加] をクリックし、Windows\Inf フォルダーの Wuau.adm をクリックし、[開く] をクリックします。
  6. [閉じる] をクリックします。
  7. [コンピューターの構成] の下の [管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] を順に展開します。

    [自動更新を構成する] ポリシーが表示されます。このポリシーは、コンピューターが Windows の自動更新機能を使用してセキュリティ更新プログラムや他の重要なダウンロードを受信するかどうかを指定します。このポリシーの設定を使用して、自動更新を有効にするかどうかを指定することができます。サービスを有効にした場合、3 つの構成オプションから 1 つを選択する必要があります。
  8. ポリシー設定を参照するには、右側のウィンドウで [自動更新を構成する] をダブルクリックします。
  9. 自動更新を有効にするには、[設定] タブの上部に表示されているオプションの一覧で [有効] をクリックします。

    [有効] をクリックした場合、手順 10. で説明した構成オプションから 1 つを選択する必要があります。
  10. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • [2 - ダウンロードの前、およびインストールの前に通知する]

      更新が使用可能な場合、通知領域にアイコンが表示され、更新をダウンロードする準備ができていることを知らせるメッセージが表示されます。ダウンロードする更新プログラムを表示して選択するには、アイコンまたはメッセージをクリックします。Windows によってバックグラウンドで更新プログラムがダウンロードされます。ダウンロードが完了すると、通知領域にアイコンが表示され、更新をインストールする準備ができていることを知らせるメッセージが表示されます。アイコンまたはメッセージをクリックして、インストールする更新プログラムを選択できます。
    • [3 - 自動的にダウンロードし、インストールの前に通知する]

      注: これが既定の設定です。

      更新プログラムが使用可能な場合、Windows によってバックグラウンドで更新プログラムがダウンロードされます。この処理の実行中に、ユーザーが通知または中断されることはありません。ダウンロードが完了すると、通知領域にアイコンが表示され、更新をインストールする準備ができていることを知らせるメッセージが表示されます。アイコンまたはメッセージをクリックして、インストールする更新プログラムを表示して選択できます。
    • [4 - 自動的にダウンロードし、インストールのスケジュールをたてる]

      スケジュールを指定するには、[グループ ポリシー設定] ダイアログ ボックスで適切なオプションを選択します。スケジュールを指定しない場合、既定で更新プログラムが毎日午前 3 時にインストールされます。必要な場合は Windows によってコンピューターが自動的に再起動されます。Windows を再起動する準備ができたときにだれかがコンピューターを使用している場合は、Windows でコンピューターを再起動する必要があることを知らせる通知が表示されます。ユーザーは、後でコンピューターを再起動することを選択できます。

      [4 - 自動的にダウンロードし、インストールのスケジュールをたてる] を選択した場合、繰り返しのスケジュールを設定できます。スケジュールを設定しない場合、すべての更新プログラムは毎日午前 3 時にダウンロードされてインストールされます。
    • その他のオプション

      さらに、[無効] オプションまたは [未構成] オプションを選択できます。[無効] を選択した場合、管理者が Microsoft Windows Update Web サイトから利用可能なすべての更新プログラムを手動でダウンロードしてインストールする必要があります。

      [未構成] を選択した場合は、グループ ポリシー レベルでは自動更新のステータスは指定されません。ステータスは、"有効" または "無効" です。ただし、管理者は引き続きコントロール パネルを使用して自動更新を構成することができます。コントロール パネルには、グループ ポリシーで使用できる設定と同じ設定が含まれています。
: Windows Server 2003 および Software Update Services (SUS) Service Pack 1 (SP1) クライアントの自動更新機能で使用可能な管理用テンプレート (.adm ファイル) の更新版が入手可能です。この更新されたポリシー ファイルにより、次の 2 つの新しいポリシーが追加されます。
  • 自動更新のインストールの予定を変更する

    コンピューターの起動後、前回実行されなかったスケジュール済みのインストールを続行するまでの待機時間を指定します。
  • 自動更新のインストールで、システムを自動的に再起動しない

    このポリシーは、ログオンしているユーザーがコンピューターを再起動したときに自動更新でスケジュールされたインストールを完了することを指定します。このポリシーを使用しない場合は、コンピューターが自動的に再起動します。
Windows Server 2003 には、更新済みのクライアントとポリシー ファイルが含まれています。Windows 2000 または Windows XP を搭載しているコンピューター用の SUS SP1 クライアントをダウンロードするには、マイクロソフト サポート技術情報「Windows Server Update Services Service Pack 1 について」を参照してください。

Windows 2000 または Windows XP を搭載しているコンピューター用の更新された管理用テンプレートをダウンロードするには、「Service Pack 1 の Software Update Services 1.0 ADM ファイル」Web ページを参照してください。

Active Directory ディレクトリ サービスでのグループ ポリシーを使用したポリシー設計の読み込み

グループ ポリシーを使用してポリシー設定を読み込むには、自動更新クライアント用の新しいポリシー設定が記述された Wuau.adm ファイルを使用する必要があります。Wuau.adm は、新しい自動更新機能をインストールするときに Windows\Inf フォルダーに自動的にインストールされます。

Windows\Inf\Wuau.adm を管理用テンプレートとしてグループ ポリシー オブジェクト エディターに読み込むことができます。

グループ ポリシーを使用して Active Directory にポリシー設定を読み込むには、以下の手順を実行します。
  1. Active Directory ドメイン コントローラーで、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. dsa.msc」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. ポリシーを作成する組織単位またはドメインを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [グループ ポリシー] タブをクリックし、[新規] をクリックします。
  5. ポリシーの名前を入力して、[編集] をクリックします。
  6. [コンピューターの構成] の下の [管理用テンプレート] を右クリックします。
  7. [テンプレートの追加と削除] をクリックして、[追加] をクリックします。
  8. 自動更新の .adm ファイルの名前を入力します。たとえば、「windows_folder\inf\wuau.adm」と入力します。
  9. [開く] をクリックします。

レジストリを編集して自動更新を構成する

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


Active Directory を使用していない環境では、レジストリ設定を編集することにより、自動更新を構成することができます。

: 以下のレジストリ キーは手動で作成する必要があります。

これらのレジストリ キーを設定するには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • レジストリ エディターを使用してレジストリを手動で編集します。
  • Windows NT 4.0 形式のシステム ポリシー機能を使用して、これらのレジストリ キーを一括して導入します。
レジストリ エディターを使用するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに「regedit」と入力します。
  2. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU
  3. 以下のいずれかの設定を追加します。
    • 値の名前: NoAutoUpdate
      値のデータ: 0 または 1
      • 0: 自動更新を有効にします (既定値)。
      • 1: 自動更新を無効にします。
      レジストリ値の種類: Reg_DWORD
    • 値の名前: AUOptions
      値のデータ: 1 ~ 4
      • 1: コンピューターの自動更新が無効になります。
      • 2: ダウンロードおよびインストールを通知します。
      • 3: 自動的にダウンロードしてインストールを通知します。
      • 4: 自動的にダウンロードして、スケジュールに従ってインストールします。
      レジストリ値の種類: Reg_DWORD
    • 値の名前: ScheduledInstallDay
      値のデータ: 0 ~ 7
      • 0: 自動更新を毎日実行します。
      • 1 ~ 7: 自動更新を実行する曜日を指定します (毎週日曜 (1) ~毎週土曜 (7))。
      レジストリ値の種類: Reg_DWORD
    • 値の名前: ScheduledInstallTime
      値のデータ: nn には、0 ~ 23 の 24 時間形式の時刻を 10 進数で指定します。
      レジストリ値の種類: Reg_DWORD
    • 値の名前: UseWUServer
      値のデータ: 0 または 1。Windows Update ではなく、Software Update Services を実行しているサーバーを使用するように自動更新を構成するには、この値を 1 に設定します。
      レジストリ値の種類: Reg_DWORD
    • 値の名前: RescheduleWaitTime
      値のデータ: mm には、自動更新が起動してから、スケジュールした時刻を過ぎた更新プログラムのインストールを開始するまでの時間を指定します。この時間は、1 ~ 60 の分単位で設定します。
      レジストリ値の種類: Reg_DWORD

      : クライアントが SUS SP1 クライアント バージョン以降に更新されている場合にのみ、この設定によりクライアントの動作が影響を受けます。
    • 値の名前: NoAutoRebootWithLoggedOnUsers
      値のデータ: Reg_DWORD:0 (false) または 1 (true)。1 に設定すると、ユーザーがログオンしている場合に自動更新により自動的にコンピューターが再起動されません。
      レジストリ値の種類: Reg_DWORD

      : クライアントが SUS SP1 クライアント バージョン以降に更新されている場合に、この設定によりクライアントの動作が影響を受けます。
    自動更新で、Software Update Services を実行しているサーバーを使用する方法については、「Microsoft Windows Server Update Services 2.0 の展開」ガイドを参照してください。
ポリシーのレジストリ キーを使用して自動更新を直接構成した場合、そのポリシーは、ローカル管理者権限を持つユーザーがクライアントを構成するために設定した構成よりも優先されます。後日、管理者がそのレジストリ キーを削除した場合は、ローカル管理権限を持つユーザーが設定した構成が再度使用されます。

クライアント コンピューターとサーバーが更新プログラムの確認と取得に使用する (SUS を実行している) サーバーを指定するには、レジストリに次の値を追加します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\


値の名前: WUServer
レジストリ値の種類: Reg_SZ
値のデータ: SUS サーバーを HTTP 名 (たとえば、http://IntranetSUS) で設定します。

値の名前: WUStatusServer
レジストリ値の種類: Reg_SZ
値のデータ: SUS 統計情報サーバーを HTTP 名 (たとえば、http://IntranetSUS) で設定します。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:328010 - 最終更新日: 06/30/2016 13:03:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition, Windows Vista Home Basic N, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Starter, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Business N 64-bit Edition, Windows Vista Business N, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V

  • kbpubtypekc kbregistry kbhowto kbprb KB328010
フィードバック