現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ネットワーク フォルダのファイルを開くか保存するとファイルが読み取り専用で開かれることや、共有違反や "アクセスが拒否されました" というメッセージが返されることがある

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
エクスプローラでネットワーク フォルダを開き、そのフォルダのファイルを開くか、そのフォルダにファイルを保存すると、関連付けられたプログラムで共有違反が発生する、"アクセスが拒否されました" というメッセージが表示される、またはファイルが読み取り専用で開かれるという現象が発生することがあります。通常、この問題は、ネットワーク フォルダを開き、Microsoft Word や Microsoft Excel のファイルをダブルクリックして開いた場合に発生します。ファイルは読み取り専用で開かれます。
原因
この問題は、関連付けられたプログラムがファイルを開くか、保存するのと同時に、Microsoft Windows XP シェル カラム ハンドラがファイルの作成者やタイトルなどの詳細情報を取得するためにネットワーク フォルダ内のファイルの内容を読み取る場合に発生することがあります。
解決方法

Service Pack の情報

この資料に記載された問題を解決するには、Microsoft Windows XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Windows XP Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。 : Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付            時刻    バージョン        サイズ       ファイル名   -------------------------------------------------------------------------   15-Jan-2003  13:00  6.0.2800.1157  8,240,128  Shell32.dll				

: これは、クライアント側の修正プログラムであり、リモート共有にアクセスするコンピュータにインストールする必要があります。
回避策
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. エクスプローラで、開くか保存するファイルが含まれているネットワーク フォルダを開きます。
  2. [ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。
  3. [従来の Windows フォルダを使う] をクリックし、[OK] をクリックします。
テストするために、次のレジストリ キーの名前を変更することができます。名前を変更すると、追加の列情報を取得するためにシェルによりファイルが開かれることがなくなります。次のキーを見つけます。
HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\Shellex\ColumnHandlers\{24F14F01-7B1C-11d1-838f-0000F80461CF}
このキーを次のように変更します。
HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shellex\ColumnHandlers\{24F14F01-7B1C-11d1-838f-0000F80461CF}-disable
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Microsoft Windows XP Service Pack 2 で最初に修正されました。
詳細
修正プログラムのインストール後、デフォルトでは、目的のファイルが UNC 共有に存在する場合でも、ファイル属性を取得するために Windows XP シェルによってファイル全体が読み取られることはありません。ただし、ネットワーク ドライブにデータが存在する場合は、ファイル全体が読み取られることがあります。フォルダおよびデスクトップ項目に対して表示されるポップアップには、ネットワーク上にあるファイルの種類、サイズおよび更新日時のみが表示されます。

詳細な列情報を表示するには、次の手順を実行します。
  1. [表示] メニューの [詳細] をクリックします。
  2. 列見出しを右クリックし、表示する追加属性をクリックします。チェック マークの付いた属性が表示されます。
表示される列を追加した場合、エクスプローラがファイルから列に表示する情報を取得するときに、プログラムによってそのファイルが排他的に開かれると、この資料の「現象」に記載されている問題が発生することがあります。この問題が発生しないようにするには、表示される詳細情報を追加しないようにします。

この修正プログラムにより、WAN (広域ネットワーク) または飽和状態のネットワークでネットワーク パフォーマンスが低下する問題も解決されます。エクスプローラによりリモートのファイルが開かれなくなるため、ネットワーク トラフィックは大幅に減少します。

割り当てられたネットワーク ドライブで発生するこの問題の解決方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
816627 Windows 2000 で TCP/IP ポートへの印刷が遅い
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 328170 (最終更新日 2005-06-02) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:328170 - 最終更新日: 08/02/2006 01:20:33 - リビジョン: 5.0

  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • kbhotfixserver kbqfe kbwinxpsp2fix kbenv kbbug kbfix kbwinxppresp2fix KB328170
フィードバック