[FIX] デッドロックが誤って検出されるため Aspnet_wp.exe が再起動される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
クライアントへの書き込み速度が遅いことが原因で誤ってデッドロックが検出され、Aspnet_wp.exe がリサイクルされることがあります。この現象が発生すると、アプリケーション イベント ログに次のイベントが出力されます。
種類 : エラーイベント ソース : ASP.NET 1.00.3705.0分類 : なしイベント ID : 1003日付 : 2002/4/24時刻 : 6:18ユーザー : N/Aコンピュータ : <ComputerName>説明 :デッドロック状態である可能性があるため、aspnet_wp.exe (PID: <xxx>) が繰り返されました。この 180 秒間に保留中の要求に対して応答は何も送信されていません。					
原因
この現象は、ASP.NET のワーカー プロセスがアイドル状態になり、Machine.config ファイルの responseDeadlockInterval 構成設定に指定された時間が経過した場合に発生します。これが原因で ASP.NET のデッドロック検出メカニズムにより、Aspnet_wp.exe がリサイクルされます。クライアントへの書き込み速度が遅いと、responseDeadlockInterval の値よりも長い時間がかかることがあります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:328267 - 最終更新日: 02/05/2014 21:43:20 - リビジョン: 3.4

  • Microsoft .NET Framework 1.0
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Academic Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbnetframe100presp3fix kbvs2002sp1sweep kbhotfixserver KB328267
フィードバック