[IE] [OLEXP] Outlook Express 5.5 修正プログラム

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP328389
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Outlook と Microsoft Outlook Express の相違点の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
257824 [OL2000] Outlook と Outlook Express の相違点
概要
マイクロソフトは、Outlook Express 5.5 の以下の問題を修正する修正プログラムをリリースしました。
  • Outlook Express の S/MIME 解析の未チェックのバッファが原因で、システムが侵害される可能性があります。

    この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    328676 [MS02-058] [OLEXP] Outlook Express の S/MIME 解析の未チェックのバッファによりシステムが侵害される
  • 特殊な MIME ヘッダーを含むメッセージを受信すると Outlook Express が異常終了します。

    この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    321530 [IE] 特殊な MIME ヘッダーのメッセージを受信すると Outlook Express が異常終了する
  • 署名専用の有効な証明書を使用して署名付きの電子メールを送信したとき、次の警告メッセージが表示されます。
    デジタル ID がありません。このメッセージは送信されますが、[送信済みアイテム] のフォルダでこのメッセージは表示できなくなります。送信しますか?
  • Outlook Express で、2 つの証明書 (署名専用および暗号化用) を使用して、ロータス ノーツ クライアントからデジタル署名付きメッセージを受信したとき、返信メッセージを暗号化して送信者に返信することができません。さらに、送信者を [連絡先] の一覧に追加する際、送信者のデジタル ID (証明書) を追加できません。連絡先には証明書が一切追加されません。

  • Outlook Express でニュースグループのメッセージを表示したとき、アイテムを選択して Delete キーを押すことによってアイテムを削除することができません。
詳細
修正プログラムの入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
328676 [MS02-058] [OLEXP] Outlook Express の S/MIME 解析の未チェックのバッファによりシステムが侵害される
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 328389 (最終更新日 2002-10-10) を基に作成したものです。

patch29
プロパティ

文書番号:328389 - 最終更新日: 02/26/2014 20:57:55 - リビジョン: 1.0

Microsoft Outlook Express 5.5

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo smime oe security oe55 ms03-058 mime バッファオーバーフロー 署名 KB328389
フィードバック