WM_TIMER メッセージ処理内の情報: の変更

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

328665
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
SetTimer 関数を指定されたタイムアウト値を持つ、タイマーを作成し、タイマーを別のプロセスが所有するウィンドウに関連付けるには使用できません。 オペレーティング システムは、SetTimer 関数で作成されたタイマーの内部一覧を保持します。

対話型デスクトップで実行されている 2 つのプロセスが別の特権を低い特権のプロセス、特権の高いプロセスによって作成されたウィンドウにコールバック プロシージャへのポインターで WM_TIMER メッセージを投稿できます。 コールバック プロシージャは、特権の高いサービスの特権で実行します。

仕様では、対話型デスクトップですべてのサービスはピアであり、技術情報の記事 Q327618 で説明したように、同じ特権されています。 それでもやはり、1 つのプロセスを別のプロセスにコールバック関数を課すことができますが手段単純な特別な特権を持つ実行誤用サービスへ。 また、サービスを他のプロセスの問題のタイマー関数できる理由はありません。

Windows XP Service Pack 1 をインストールした後、WM_TIMER メッセージは異なる方法で処理されます。 変更は DispatchMessage によって処理されるときに、WM_TIMER メッセージの内容を検証して、(この資料の前半で説明したように) は、この方法に生成される WM_TIMER メッセージの処理できなくなります。 タイマーを検証するには、DispatchMessage するコールバック プロシージャ存在を確認 [タイマー] ボックスの一覧でして、タイマーが呼び出し側プロセスによって作成されたこと。

重要 : この変更は、「サポート技術情報」(Knowledge Base) の Q327618 で行われた推奨事項を変更しません。 この変更がさらに困難 1 つのサービスを別のサービスの特権を使用するためには、変更ことはありません、不可能です。 前に、対話型デスクトップですべてのサービスは、ピアと最終的に行う要求互いにします。
関連情報
関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
327618情報: セキュリティ、サービスとの対話型デスクトップ
Windows で偽装アーキテクチャ問題の詳細については、次の Web サイトを参照してください。 タイマーの詳細については、プラットフォーム SDK ドキュメント SetTimer 関数の詳細についてを参照してください。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:328665 - 最終更新日: 02/26/2014 20:58:08 - リビジョン: 4.4

  • Microsoft Win32 Application Programming Interface
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbfix kbqfe kbwndw kbmt KB328665 KbMtja
フィードバック