タスク スケジューラのジョブが動作せず、エラー コード 0x8004130f のエラーになる

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
マルチプロセッサ コンピュータ上で、ユーザー アカウントを使用して多くのタスク スケジューラ ジョブを毎日実行し、一部のジョブを 1 日に複数回実行している場合、ジョブの資格情報が断続的に失われ、実行されないことがあります。この現象が発生した場合、Windows フォルダの Schedlgu.txt ファイルに以下に類似したエントリが記録されます。
"ジョブ名" (プログラム) タイム スタンプ** ERROR **
タスクに関連付けられているアカウント情報を取得できませんでした。その結果、タスクは実行されませんでした。エラーが発生したか、タスクのアカウント情報がありません。エラー :
0x8004130f : タスク スケジューラ セキュリティ データベースに、指定されたタスクのアカウント情報がありません。

問題のジョブのプロパティを開くと、以前に指定したアカウントに関係なく、ログオン中のアカウントがジョブを実行するアカウントとして指定されています。
原因
稀な状況の組み合わせで、タスク スケジューラが使用する資格情報データベースが壊れることがあります。破損が検出されると、資格情報は削除されます。ジョブの資格情報が失われた後で、そのジョブを開いた場合、ジョブのプロパティには現在のユーザー名が表示されます。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 328773 (最終更新日 2003-01-22) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:328773 - 最終更新日: 12/07/2015 12:31:18 - リビジョン: 1.4

Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbwin2000presp4fix KB328773
フィードバック