Exchange データベースを最適化する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:328804
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
はじめに
ディスクの最適化プロセスは、ファイルをより連続にするために、コンピューターのハード_ディスクに格納されているデータを並べ替えます。最適化データのアクセスや検索の速度が向上します。ハード ディスクを最適化すると、ディスクのパフォーマンスを向上しよりスムーズかつ効率的に実行して、組織内のサーバーのヘルプします。

Microsoft Exchange Server 5.5 のディレクトリとインフォメーション ストアの最適化を行うと Microsoft Exchange Server 2003年で Microsoft Exchange 2000 Server でインフォメーション ストアを最適化する Eseutil ユーティリティを使用することができます。ユーティリティの 1 つのデータベースを同時にコマンドラインから実行できます。

Exchange 2000 または Exchange 2003 データベースの最適化


Exchange 2000 または Exchange 2003 のデータベースを最適化するには、次の手順を実行します。展開または折りたたみの手順を実行するには、ここをクリックします。

  1. Exchange システム マネージャーは、右を最適化し] をクリックする、インフォメーション ストア [ストアのディス マウント.
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、各コマンドの後で Enter キーを押します。
    cd オブジェクト
    eseutil/d
    データベース スイッチ、および使用する任意のオプションが含まれます。
たとえば、次のコマンド、標準的な最適化ユーティリティ上のメールボックス ストア データベースを実行します。
タイプ files\exchsrvr\bin > eseutil/d c:\progra~1\exchsrvr\mdbdata\priv1.edb
データベースのスイッチの詳細については、「オフラインでの最適化」を参照してください。Exchange Server 5.5 データベースを最適化します。


データベースを最適化するをする必要がありますが少なくとも 110% でディスクの空き領域を処理するデータベースのサイズ。必要な空き領域を確認するには、次の手順を実行します。展開または折りたたみの手順を実行するには、ここをクリックします。

  1. インフォメーション ストア サービスが実行されていないことを確認します。
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    eseutil/ms"database.edb」
  3. 4 Kb ページの数を乗算することにより、空き領域を計算します。
  4. データベースの物理サイズから手順 3 で取得した図を減算します。
  5. 手順 4 で取得した図は、データベース内のデータを表します。この図 1.10 (110%) で乗算します。合計は、データベースを最適化する必要がある領域です。
  6. データベースを最適化するために必要な時間を特定するには、除算で取得した図手順 3 で 9 GB (9,000,000,000).

    メモは、1 時間あたり 9 GB で、Eseutil ユーティリティの実行速度です。
次のデータベース スイッチのいずれかを使用して、特定のデータベースで Eseutil を実行します。
オプション説明
/dsディレクトリ
/isprivプライベート インフォメーション ストア
/ispubパブリック インフォメーション ストア
データベースに対して実行する操作を指定するのには、次のオプションの 1 つ以上を使用します。
オプション説明
/b パスバックアップ コピーが元の un-compacted データベース内の指定した場所に作成します。
/p保持し、元の un-compacted データベースを元の場所に保持、既定ファイル Exchsrvr\Bin\Tempdfrg.edb に新しい、最適化されたデータベースを格納します。
/tFile_Name 作成し、最適化された新しいデータベースで、指定したパスの名前を変更します。
/o Microsoft Exchange Server のバナーが表示されません。
Exchange Server 5.5 データベースを最適化するには、次の手順を実行します。

データベースを最適化するをする必要がありますが少なくとも 110% でディスクの空き領域を処理するデータベースのサイズ。
  1. 使用、 サービス最適化するデータベースのサービスを停止するのには、コントロール パネルの項目。サービスは、次のいずれかになります。
    • Exchange ディレクトリ データベースに対して、Microsoft Exchange Directory サービスを停止します。
    • Exchange メールボックスまたはパブリック フォルダー データベースの場合は、Microsoft Exchange Information Store サービスを停止します。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後 Enter をキーを押します。
    CD のプリンター
    eseutil/d
    データベース スイッチには eseutil コマンドで使用するオプションが含まれます。たとえば、次のコマンドは、ディレクトリで標準的な最適化ユーティリティを実行し、ユーザー定義のファイルのコピーを保存します。
    C:\winnt\system32>eseutil/d/ds/tc:\dbback\tempdfrg.edb/p
データベースをバックアップします。


オフライン最適化は、Exchange データベースのデータを再配置するため、最適化直後にバックアップ ユーティリティを使用して、新しいデータの配置をセキュリティで保護されたデータベースを標準のバックアップを作成します。差分または増分のバックアップを以前のバージョンは、最適化処理で再配置されたデータベース ・ ページを参照するためは便利です。詳細についてを参照してください。 258243: Windows バックアップ プログラムを使用して、Exchange コンピューターを復元する方法.
Exchange データの断片化
Exchange データの断片化レベルより、通常のディスクの断片化が発生します。Exchange データの断片化は、Exchange データベース内で発生します。Exchange コンピューター上で通常のディスクの最適化を実行する場合は、就業および可能であれば Exchange データベースを停止しないでください。ディスクの最適化は、非常に I/O 集約的なプロセスです。したがって、Exchange データベース エンジン問題の適切なタイミングでのハード ディスクにアクセスすることができます。

既定では、Exchange データベースでは最適化処理が毎日実行されます。最適化オプション使用されているストレージ連続、未使用の領域なり、データベースを最適化します。これにより、データベースのサイズが小さくなります。データベースのレコードを新しいデータベースを Eseutil のコピー。最適化が完了すると、元のデータベースは削除されるか、ユーザーが指定した場所に保存し、オリジナルと新しいバージョンの名前を変更します。不良レコードがユーティリティを検出すると、ユーティリティは停止し、エラー メッセージが表示されます。オンラインでの最適化Exchange データベースのオンライン最適化は、データベースの保守作業の一部として自動的に行われます。オンラインでの最適化を検出し、使用されなくなったデータベース オブジェクトを削除します。オンラインでの最適化プロセスは、データベースのファイル サイズを変更することがなくより多くのデータベース領域を提供します。既定では、毎日 1時 00分と 05時 00分の間にオンライン最適化を実行するのには Exchange が構成されます。

メンテナンスとバックアップのプロセスの効率を向上させるには、保守プロセスと異なる時間に実行するバックアップ操作をスケジュールすることがあります。

データベース最適化のスケジュールを設定するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 特定のデータベースに関してデータベースの最適化をスケジュールするを使用して、[保守の間隔 オプション、 データベース タブ、メールボックスの保存または、パブリック フォルダーの保守間隔を構成するオブジェクトを格納します。
  • メールボックス ストアおよびパブリック フォルダー ストアのコレクションに関してデータベースの最適化をスケジュールするを使用して、 [保守の間隔 オプション、 [データベース (ポリシー) タブ、メールボックスの保存または、パブリック フォルダーの保守間隔を構成するのには、ポリシーを保存します。
オフラインでの最適化


オンラインでの最適化によってデータベースの領域を提供しますが、Exchange データベースの物理サイズを小さくには、Exchange データベースをオフラインを最適化する必要があります。Eseutil ユーティリティ (Eseutil.exe) を使用して、メールボックス ストアおよびパブリック フォルダー ストアがオフライン時にオフラインでの最適化を実行します。


 Eseutil Exchange Server 5.5 の Exchsrvr Bin/フォルダーには、Exchange 2000 および Exchange 2003 でツール フォルダー内にあります。

Eseutil は、最適化、修復するには、および Exchange データベースの整合性を確認するのには、Exchange のユーティリティです。たとえば、最近 Exchange を実行しているサーバーから多数のユーザーを移動すると、オフライン最適化を実行する可能性があります。その場合は、オフラインでの最適化 Exchange データベースのサイズは、サーバーの Exchange データベース上のデータの配置を変更して、使用されていないデータベース ページを破棄することによって削減します。

既定では、 Eseutil/dコマンドは、データベースに新しいデータベースを作成、[古いデータベース レコードを新しいデータベースにコピーして、使用されていないデータベース ページを破棄することに限られます。これは、新しくまとめられたコンパクトなデータベース ファイルが作成されます。

特定のデータベースで Eseutil をデフラグを実行するのには、次のデータベース スイッチを使用します。
eseutil/d データベース名 [オプション]
場所 データベース名 圧縮するデータベースのファイル名です。

別のオプションを使用すると、新しい最適化済みデータベースを別の場所に作成するのには、コマンドラインで/d/pスイッチと共に Eseutil を実行です。fFr など、別のハード ディスクには新しい最適化済みデータベースを作成できませんでした。/P スイッチを使用して、オフラインでの最適化プロセスで、元のデータベースに un-compacted、保持し、作成される一時ファイルが最適化済みバージョンのデータベースにあります。これは、上書きをオフにすると呼ばれます。標準的なオフラインの最適化処理 (Eseutil/d) とは異なり、 /d/pオプションを指定して Eseutil を実行する場合、オフライン最適化処理が完了したとき、元のデータベースは新しい最適化済みデータベースで上書きされません。

オプションは、最適化済みのデータベースを一時的な場所からコピーして、元の断片化されたファイルを上書きしないために大規模なデータベースを最適化するために必要な時間も大幅に削減できます。ただし、このオプションを使用すると、最適化後のデータベースをマウントする場合は、手動でデータベースのパスに、最適化後の .edb ファイルと .stm ファイルを移動して、適切なデータベース ファイル名の名前を変更します。

たとえば、Tempdfg.edb と.stm ファイルをデータベースが、/d/p オプションを実行して作成した最適化済みファイルの場合、Tempdfg.edb Priv1.edb に名前を変更および Priv1.stm に.stm ファイルをデータベースの名前を変更する必要があります。場合は、最初に対して Eseutil を実行したデータベースが Priv1.edb と Priv1.stm でこれを行う必要があります。以下のコマンド例では、Mailbox Store.edb およびその付随するストリーミング ファイルの名前は、上書きをオフ、オンに、D ドライブ上に、最適化済みのデータベースを作成するデータベースを最適化します。/Tの後にスペースがないことに注意してください。
eseutil/d/p"c:\program files\exchsrvr\mdbdata\mailbox store.edb"の/t"d:\tempdfg.edb"
/Tオプションを使用しない場合は、Tempdfgxxxx.edb ファイルと Tempdfgxxxx.stm ファイルから Eseutil を実行した場所に作成されます。前のファイル名には、xxxx は、ランダムな数字です。

さらに、Eseutil を使用して Exchange データベースを最適化するときに、次のオプションを使用することができます。
オプション説明
/b データベース指定した名前でバックアップ コピーを作成します。
/tデータベース(、既定では、一時データベース名を設定します。Tempdfrg.edb)
/sファイル(デフォルトは NONE です)、ストリーミング ファイル名を設定します。
/fファイル一時ストリーミング ファイル名 (既定値を設定します。Tempdfrg.stm です)
/p一時データベースの eserve (支配権をつまり、いない握るしないでください)
P/oロゴを抑制します。
/iストリーミング ファイルの最適化を行いません
/Tスイッチを使用しない場合は、eseutil /dコマンドが実行される、論理ドライブ上 Tempdfrg.edb ファイルが作成されます。例えば、Tempdfrg.edb を D ドライブのルートに作成するには、次のコマンドを実行します。
D:\>eseutil/d/ispriv
一時データベースおよび別の場所の名前を設定するのには、 /tスイッチを使用することもできます。たとえば、C ドライブから eseutil コマンドを実行しているときに D ドライブのルートに、Sample.edb を作成するには、次のコマンドを実行します。
C:\>eseutil/d/ispriv/td:\Sample.edb
置き換えが無効になっている場合は、元のデータベースが保存されて un-compacted、および一時データベースには最適化されたバージョン データベースにはが含まれています。たとえば、 /pオプションを使用すると上書きを無効になります。
その他のリソース
Eseutil/d を使用して、データベースおよびデータベースに関連付けられているストリーミング ファイルを最適化する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
254132Eseutil/d をデータベースとストリーミング ファイルを最適化します。
Exchange Server のバージョン 4.0 および 5.0 の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
163627Exchange 以外のサーバー上の EDB ファイルを最適化する方法
[XADM] 192185

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:328804 - 最終更新日: 12/07/2015 12:32:16 - リビジョン: 1.1

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB328804 KbMtja
フィードバック