Windows 2000 の Win32k.sys で散発的に "Stop 0x1E" エラーが発生する

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Win32k.sys で散発的に STOP 0x1E エラー メッセージが表示されます。
原因
デスクトップのすべての子ウィンドウが最前面のウィンドウである場合に、pwndStart に対して Null ポインタが使用されることがあり、この Null ポインタが原因でアクセス違反が発生します。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 で最初に修正されました。
プロパティ

文書番号:329051 - 最終更新日: 02/10/2014 14:17:16 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 3, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Service Pack 3

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbshell kbwin2000presp4fix kbpending kbwin2ksp4fix KB329051
フィードバック