Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server でクライアントのアクセス許可を表示しようとすると "インフォメーション ストアを開けませんでした" というエラー メッセージが表示される

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Exchange システム マネージャを起動してパブリック フォルダのプロパティを開き、[アクセス許可] タブをクリックして [クライアントのアクセス許可] をクリックすると、次のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。
インフォメーション ストアを開けませんでした。Microsoft Exchange Server コンピュータへのログオンに失敗しました。

MAPI 1.0 ID 番号 : 80040111-0286-00000000

ID 番号: C1050000
Exchange システム マネージャ
または
最近インストールされたプログラムは Microsoft Office または、ほかの電子メール機能を備えたプログラムを正常に動作しなくする可能性があります。最初に問題を起こしたプログラムに影響を与えることなく Outlook でこの競合を解消することができます。競合を解消しますか?
または
最近インストールされたプログラムと Microsoft Office または、ほかの電子メール機能を備えたプログラムとの間で起こった競合を解消することができませんでした。ほかのプログラムが現在使用中のシステム コンポーネントを Outlook によって変更する必要があります。この問題を解決するには Windows を再起動してください。
原因
「現象」に記載した 2 番目のエラー メッセージは、Exchange システム マネージャと同じワークステーションに Outlook 2000 以降がインストールされていて、Exchange 2000 Service Pack 2 (SP2) 以降を実行している場合に発生することがあります。「現象」に記載した 3 番目のエラー メッセージは、Fixmapi で Mapi32.dll の状態が検出された時点で、Mapi32.dll ファイルが別のプログラムによって使用されている場合に発生することがあります。

マイクロソフトでは、Outlook 2000 以降と Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server を同じコンピュータにインストールしないことを強く推奨します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
266418 [XCCC] マイクロソフトでは Exchange 2000 Server と Outlook 2000 以降を同じコンピュータにインストールしないことを推奨します
解決方法
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
Microsoft Windows 2000 Professional ベースのワークステーションなど、管理用のワークステーションを使用している場合は、Outlook の実行中に Fixmapi.exe を実行しないように指定するレジストリ値を作成します。Fixmapi プロセスを実行すると、Outlook で Mapi32.dll の置き換えが求められます。
  1. Exchange システム マネージャと Exchange 2000 Service Pack を再インストールします。
  2. レジストリ エディタ (regedt32.exe) を起動します。
  3. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Exchange\Setup
  4. [編集] メニューの [値の追加] をクリックし、次のレジストリの値を追加します。
    値の名前 : Services
    データ型 : REG_SZ
    値のデータ : Path (Path は、Exchsrvr\Bin フォルダのパス)
  5. レジストリ エディタを終了します。
: Services レジストリ キーを作成後、Outlook クライアントの機能が制限されることがあります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
詳細
Outlook の観点におけるこの問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
287570 [OL2002] 起動すると、競合の解決についてのエラー メッセージが表示される
プロパティ

文書番号:329136 - 最終更新日: 12/07/2015 12:40:02 - リビジョン: 4.1

Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Outlook 2000 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbprb KB329136
フィードバック