セキュリティ ログが一杯のときに管理警告に対する定義済みの動作が発生しない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP329350
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
セキュリティ ログがいっぱいであるためにカウンタ データによって警告が発せられたとき、構成された管理警告に対する定義済みの動作が発生しません。

たとえば、セキュリティ イベント ログに関して [イベントを上書きしない (手動でログを消去)] の設定をオンにしてから、コンピュータ名\Objects\Events の管理警告を構成すると、セキュリティ ログのサイズが上限に達したときに、管理警告に対する定義済みの動作は実行されません。
解決方法

Windows 2000

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

Windows XP

この問題を解決するには、Windows XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Windows XP Service Pack 1 および Windows 2000 Service Pack 3で修正済みです。

詳細
Windows XP および Windows 2000 で管理警告を設定する方法についての詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
310490 [HOW TO] Windows XP で管理警告を設定する方法
243625 Windows 2000 の管理警告の構成方法
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 329350 (最終更新日 2002-10-11) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:329350 - 最終更新日: 01/12/2015 20:53:33 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000sp3fix kbsecurity kbwinxpsp1fix KB329350
フィードバック