[FIX] ページ アロケータが書き込み不可能なメモリ ブロックを返す

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
DLLHost.Exe が予期せず終了 (クラッシュ) し、新しいプロセスが作成されます。
原因
内部ページ アロケータが書き込み不可能なメモリ ブロックを返しています。内部ページ アロケータが返しているのは、オブジェクトへのポインタではなくオブジェクトの v-table へのポインタです。
解決方法
この修正プログラムは、COM+ 修正プログラム ロールアップ パッケージ 23 で入手することができます。この修正プログラムの詳細および入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
330081 INFO: Availability of Windows 2000 Post-Service Pack 3 COM+ Hotfix
330081 [INFO] Windows 2000 Service Pack 3 以降の COM+ 修正プログラム ロールアップ パッケージ 23 について
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 329542 (最終更新日 2002-12-27) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:329542 - 最終更新日: 02/05/2014 14:08:52 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows 2000 Service Pack 3, Microsoft Windows 2000 Service Pack 3, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix KB329542
フィードバック