Windows 2000 クラスタ ノードにインストールされた Exchange Server のアクセスに Outlook Web Access を使用できない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。

現象
Kerberos 認証が有効にされた Windows 2000 を実行中のクラスタ ノード上で Exchange 2003 をセットアップする場合、次の操作を最初に行わない限り、セットアップを継続できません。
  • この資料で提供される修正プログラムをインストールする。

    または
  • Windows 2000 Server Service Pack 4 をインストールする。
サーバー上の診断ログを増やすと、次のイベント メッセージがイベント ビューアのセキュリティ ログに記録されることがあります。

種類 : 失敗の監査
ソース : Security
分類 : ログオン/ログオフ
イベント ID : 537
日付 :日付
時刻 :時刻
ユーザー : NT AUTHORITY\SYSTEM
コンピュータ :コンピュータ名
説明:

Logon Failure:
Reason: An unexpected error occurred during logon
User Name:
Domain:
Logon Type: 3
Logon Process: Kerberos
Authentication Package: Kerberos
Workstation Name: -

原因
この現象は、Kerberos 認証が有効になっているために発生します。結果として、Internet Information Service (IIS) と Exchange 仮想サーバーの IIS リソースとの間で認証の問題が発生します。
W3Svc.exe サービスは、クラスタに対応していません。結果として、W3Svc.exe サービスは、資格情報ハンドルを取得するのに Null でない資格情報を使用します。これはこの状況では誤りです。なぜなら、サーバー クラスタの資格情報はログオン セッション内に格納されるためです。W3Svc.exe サービスが明示的な資格情報を使用した場合、クラスタの資格情報の使用が不可能になります。
解決方法

Service Pack について

この問題を解決するには、Microsoft Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 How to Obtain the Latest Windows 2000 Service Pack
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

修正プログラムについて

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
ダウンロードWindows2000-KB329938-x86-ENU.exe パッケージをダウンロードするマイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
日付         時刻   バージョン           サイズ   ファイル名-----------------------------------------------------------05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.6048     333,584  Asp.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.3649     299,792  Fscfg.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.5255       8,464  Ftpctrs2.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.5255       6,416  Ftpmib.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.5255       9,488  Httpmib.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.6080      13,584  Infoadmn.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.6080     246,544  Infocomm.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.6080      62,736  Isatq.dll13-Jun-2001  05:05  5.0.2195.3727       3,856  Svcpack1.dll05-Oct-2002  00:03  5.0.2195.5255       7,440  W3ctrs.dll

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Windows 2000 Datacenter Server 用修正プログラムの入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265173 The Datacenter Program and Windows 2000 Datacenter Server Product
265173 Datacenter Program と Windows 2000 Datacenter Server
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 329938 (最終更新日 2003-07-22) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:329938 - 最終更新日: 02/11/2014 21:58:37 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbwin2ksp4fix kbwin2000presp4fix kbfix kbbug kbprb KB329938
フィードバック