現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

メモ帳が始まる」[します。ShellClassInfo] LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\System32\Shell32.dll,-21787"お使いのコンピューターを起動するとき

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:330132
現象
コンピューターを起動するとメモ帳が起動し、Windows デスクトップ上で次の行を含む 1 つまたは複数のテキスト ドキュメントが表示されます。
[.ShellClassInfo]LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21787
原因
この現象は、次の条件に該当する場合に発生する可能性があります。
  • Desktop.ini ファイルが、followingfolders の 1 つ以上存在する場所 ドライブ ドライブにインストールされている Windowsis のとおりです。
    • ドライブ: \Documents とします
    • ドライブ: \Documents とクリックしますメニュー プログラム
    • ドライブ: \Documents とクリックします] メニュー
    - と -
  • Desktop.ini ファイルには、次の行が含まれています。
    [.ShellClassInfo]LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21787
解決方法

Desktop.ini ファイルを削除する方法 1。

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. [ツール] メニューは、 FolderOptionsをクリックし、[表示] タブをクリックします。
  3. [詳細設定] ボックスで、既知のファイルの拡張子を非表示にする] チェック ボックスをオンし、保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] チェック ボックス オフになっていないに並んでいます)、toclear をクリックし、し、[ OK] をクリックします。
  4. Desktop.ini ファイルのフルこの資料の「現象」記載の行アイテムを削除します。実行します。
    1. 次のフォルダー、(そのフォルダーにファイルが存在する) 場合は、 Desktop.iniファイルを右クリックを見つけて、[開く] をクリックします。
      • ドライブ: \Documents とします
      • ドライブ: \Documents とクリックしますメニュー プログラム
      • ドライブ: \Documents とクリックします] メニュー
      場所 ドライブ Windows がインストールされているドライブです。
    2. ファイルに次の行が含まれていることを確認します。
      [.ShellClassInfo]LocalizedResourceName=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-21787
      ファイルにこれらの行が含まれている場合、ファイルを右クリックを削除するには、、削除の確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. コンピューターを再起動していることを確認して、問題の isresolved です。

方法 2: システム構成ユーティリティ (Msconfig.exe) を使用してスタートアップ項目を無効にするには

  1. 開始] をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM\MSXMLmsconfigと入力し、[OK] をクリックします。
  3. [スタートアップ] タブをクリックします。
  4. スタートアップ項目の columnthat で、デスクトップのエントリの横にあるチェック ボックスをオフにする] をクリックしますは、[場所] 列で、共通のスタートアップとして一覧表示され、([コマンド] 列に示されます) と、followinglocations のいずれかでもあります。
    • ドライブ: \Documents とします
    • ドライブ: \Documents とクリックしますメニュー プログラム
    • ドライブ: \Documents とクリックします] メニュー
  5. システム ConfigurationUtility を終了するのには[ok]をクリックします。
  6. コンピューターを再起動していることを確認して、問題の isresolved です。

詳細
Windows XP でシステム構成ユーティリティを使用してトラブルシューティングを行う方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
310560 Windows XP でシステム構成ユーティリティを使用して構成エラーのトラブルシューティング方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:330132 - 最終更新日: 08/06/2016 04:44:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbprb kbmt KB330132 KbMtja
フィードバック