/INSITE スイッチを使用すると、サイトに属さないクライアントが DFS 紹介から除外される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
DFS (分散ファイル システム) で、管理者は Dfsutil.exe ユーティリティの /insite コマンドライン スイッチを使用して、クライアントが同じサイトのサーバーにのみにアクセスし、他のサーバーにはアクセスしないように強制できます。いずれのサイトにも属さないクライアント コンピュータは、引き続き DFS 紹介を受信します。

この資料に記載された修正プログラムを使用すると、/insite スイッチを使用した場合、サイトに属さないクライアントは DFS 紹介から除外されます。

Dfsutil.exe ユーティリティに関する詳細については、この資料の「詳細」を参照してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 332002 (最終更新日 2003-01-21) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:332002 - 最終更新日: 02/24/2014 20:32:46 - リビジョン: 2.5

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbqfe kbhotfixserver KB332002
フィードバック