現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

W95:長いファイル名作成すると8.3形式ファイル名が自動的に作成される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP405539
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
この資料は、どのようにして長いファイル名から 8.3形式 (MS-DOS形式) のファイル名が作成されるのかについて説明したものです。
現象
Windows 95 では、新機能の長いファイル名 (ロング ファイル ネーム) 機能により、最大 250 文字を使用したファイル名を作成することができます。そして、この長いファイル名を持つファイルに、MS-DOS アプリケーションや 16 ビット アプリケーションからもアクセスできるよう互換性を保つため、長いファイル名のファイルが作成されると同時に、Windows 95 は自動的に MS-DOS と互換性のある 8.3形式のファイル名を作成します。8.3形式ファイルとは、MS-DOS で使用されていた以下のような形式のファイル名のことです。
       ファイル名 8 文字以内.拡張子 3 文字

原則

この 8.3形式ファイル名が長いファイル名から作成される場合には、以下のような原則に従って作成されます。
  1. 長いファイル名の最初の半角 6 文字 (全角 3 文字) に ~n を付けて、ファイル名とします。ファイル名が重複しないように、n には 1 から 始まる数字が順に割り当てられます。<例> ファイル名が半角の場合には、最初の 6 文字がファイル名になります。
                 ABCDEFGHIJ.TXT                ↓             ABCDEF~1.TXT
    <例> ファイル名が全角の場合には、最初の 3 文字がファイル名になります。
                 あいうえお.TXT                ↓             あいう~1.TXT
  2. 一番最後のピリオド (.) 以降の先頭 3 文字を拡張子とします。末尾にピリオドがある場合には削除され、後ろから 2 つ目のピリオド以降が拡張子とみなされます。また、複数のピリオドが使われている場合には、一番最後のピリオド 1 つを残して削除されます。<例> 一番最後のピリオド以降が拡張子とみなされます。ピリオド以降に 4 文字以上ある場合には、先頭 3 文字を拡張子とします。
                 ABCDEFGHIJ.TEXT                ↓             ABCDEF~1.TEX
    <例> 複数のピリオドがある場合には、一番最後のピリオドを残して削除されます。また、末尾のピリオドも削除されます。
                 ABCDEFGHIJ.KLM.NOP.QRS.                ↓             ABCDEF~1.QRS
  3. ファイル名に含まれる空白は削除されます。また、以下の特殊文字が含まれている場合には、アンダースコア ( _ ) に変換されます。
                 , ; + = [ ]
    <例> ファイル名に含まれる空白は削除されます。
                 THIS IS A LONG FILE NAME.TXT                 ↓             THISIS~1.TXT
    <例> 8.3 形式ファイル名で使用できない特殊文字はアンダースコアに変換されます。
                ABC,DEF;GHI.TXT                 ↓            ABC_DE~1.TXT
  4. ファイル名と拡張子に含まれるすべての文字を大文字にします。

空白が含まれるフォルダ名/ファイル名について

Windows 95 では、フォルダ名、ファイル名に空白を含めることができます。
このため、フォルダ名、ファイル名に空白が含まれている場合には、それ以外は 8.3形式に準拠したファイル名であっても、Windows 95 は 8.3形式のファイル名を自動
的に作成します。
これは、ネットワークでそのようなファイルやフォルダにアクセスする際に問題が
発生することを防ぐためです。
たとえば、A file.doc というファイル名を作成した場合、AFILE~1.DOC という
8.3 形式のファイル名が作成されます。A_FILE.DOC という大文字のファイル名の場合には、空白が含まれていないため、8.3形式のファイル名は作成されません。

大文字と小文字が混在するフォルダ名/ファイル名について

Windows 95 の長いファイル名の機能では、アルファベットの大文字と小文字は混在して使用でき、区別して記録されます。このため、フォルダ名、ファイル名に大文字と小文字が混在している場合、それ以外は 8.3形式に準拠したファイル名であっても、
Windows 95 は 8.3形式のファイル名を自動的に作成します。
たとえば、以下のようになります。
  実際のファイル名       8.3形式の名前  ------------------------------------------------------------------------  EXAMPLE.TXT            EXAMPLE.TXT   (8.3形式のファイル名は作成されない)  Example.txt            EXAMPLE.TXT   (8.3形式のファイル名が作成される)
ただしこの場合、作成される 8.3形式のファイル名は、上述の「原則」には当てはまりません。大文字、小文字が混在されていること以外は、8.3形式のファイル名に準拠した長いファイル名の場合、作成される 8.3形式のファイル名は、ファイル名と拡張子に含まれるすべての文字を大文字にしたものです。上記、Example.txt の 8.3形式の名前 がEXAMPLE.TXT である通りです。

プロパティ

文書番号:405539 - 最終更新日: 06/19/1998 11:07:58 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows 95

  • kbinfo 長いファイル名 KB405539
フィードバック