DDK:プリンタドライバの DEVMODE 構造体の推奨サイズ

この資料は、プリンタドライバを開発する方を対象に作成したものです。
概要
各 Windows OS での、プリンタドライバの DEVMODE 構造体の推奨サイズについて記述します。
詳細
各 Windows OS での DEVMODE 構造体の推奨サイズは、以下の通りです。
WHQL から提供されている HCT(Windows Hardware Compatibility Test) では、推奨サイズを超えるプリンタドライバに対して警告が表示されます。
  • Windows 95/98/98 SE 対応のドライバ .推奨サイズ : DEVMODE 構造体 + ドライバ拡張領域のサイズが 1087 バイト以下
  • Windows Me 対応のドライバ .推奨サイズ : DEVMODE 構造体 + ドライバ拡張領域のサイズが 8000 バイト以下
  • Windows NT 4.0 対応のドライバ .推奨サイズはありませんが、16,384 バイトを超えるとレジストリに書き込む関数の制限によって、正しくレジストリに書き込まれません。
  • Windows 2000 対応のドライバ .推奨サイズはありませんが、32,768 バイトを超えるとレジストリに書き込む関数の制限によって、正しくレジストリに書き込まれません。
プロパティ

文書番号:418202 - 最終更新日: 10/04/2016 15:41:00 - リビジョン: 5.0

  • 9xddkprt devmode kbinfo KB418202
フィードバック