Excel [セルの書式設定] で最も細い線を設定すると、設定していない線種または線の色で印刷される場合がある

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Excel の [セルの書式設定] で最も細い線を設定すると、印刷結果が、プリンターの処理能力や解像度、プリンター ドライバによっては Excel の [拡大縮小印刷] の [拡大/縮小] の値によって異なり、[セルの書式設定] で設定していない線種で印刷されたり、色を指定した線が黒で印刷される場合があります。
詳細
"最も細い線" とは、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [罫線] タブの [スタイル] ボックスの [なし] の直下に表示される線のことを指します。

最も細い線

"[拡大/縮小] の値" および "解像度" とは、以下の手順で設定した値のことを指します。

ここでは例として、Excel 2010 の手順で説明します。
  1. Excel の [ファイル] タブをクリックし、[印刷] をクリックします。
  2. 画面最下部に表示される [ページ設定] リンクをクリックします。
  3. [ページ設定] ダイアログ ボックスの [ページ] タブをクリックします。
  4. [拡大縮小印刷] の [拡大/縮小] オプション ボタンをクリックし、右横のボックスに拡大/縮小率 (%) を入力します。この値が、"[拡大/縮小] の値" となり、[印刷品質] の値が "解像度" となります。


プロパティ

文書番号:418362 - 最終更新日: 10/04/2016 15:42:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Excel 2000 Standard Edition, Microsoft Excel 2002 Standard Edition, Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010

  • kbexpertisebeginner kbharmony kbtshoot kbprb KB418362
フィードバック