[OFFXP] クイックアドレス スマートタグ作動時にアプリケーションが強制終了する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP436597
概要
この資料は、クイックアドレス スマートタグが作動した際に、実行中の Office XP アプリケーションが強制終了する現象のトラブルシューティングの方法について説明しています。
詳細
株式会社アルプス社のプロアトラス 2002 をセットアップすることで、「プロアトラス2002 Microsoft Office XP (Word、Excel) スマートタグ対応のクイックアドレス」機能が追加されます。弊社では、このモジュールがセットアップされている環境で、スマートタグ作動時に Office XP アプリケーションが強制終了するという現象に関して、複数の問い合わせを受けています。

この資料は、この問題を回避するための手順について説明しています。

注意: スマートタグは、スペース入力時や、[Enter] キーによる入力の確定を行った際などに動作します。
回避策
以下の手順により、プロアトラス 2002 のスマートタグ機能をオフに設定することにより、この問題が発生しなくなります。
  1. 現象の発生する Office XP アプリケーションを起動します。
  2. [ツール] メニューの [オートコレクトのオプション] をクリックします。
  3. [スマートタグ] タブを参照し、[プロアトラス住所録検索] があった場合には、このチェックをオフに設定します。
この設定は、現在の作業中にのみ有効となりますので、再度 Office アプリケーションを起動した際に設定がオンに戻ります。
問題が多発する場合は、上記手順 3. において、[語句にスマートタグを付ける] をオフに設定し、スマートタグ自体を無効にします。
プロパティ

文書番号:436597 - 最終更新日: 03/08/2004 03:10:31 - リビジョン: 1.1

Microsoft Office XP for Windows (以下 Office XP とします)

  • kbinfo quickaddress smarttag アトラス アドレス表示 スペース 変換 確定 KB436597
フィードバック