Internet Explorer 6 (IE6) での Content-Disposition: attachment と Cache-Control: no-cache によるダウンロードの問題

はじめに
この資料では、 Internet Explorer 6 (IE6) で、特定の操作を行う HTTP ヘッダーが付加されているインターネット上のファイルを開くことができない問題について説明します。 
現象
IE6 を使用して下記条件を満たすファイルを開いた場合、ファイル名が見つからない内容のエラーが発生し、ファイルを開くことができない場合があります。
  •   ダウンロード対象となるファイルに Content-Disposition: attachment ヘッダーを付加している
  • Cache-Control: no-cache ヘッダーなどを使用して、ファイルのキャッシュを行わない設定をしている
弊社では、 TXT ファイル、DOC ファイル、CSV ファイル、XLS ファイル、PPT ファイル、PDF ファイル等のファイルでこの現象の発生を確認しております。
上記条件を満たすファイルへのリンクをクリックした場合、[ファイルのダウンロード] ダイアログが表示されます。
この時、[開く] および [保存] を選択しサンプル ファイルを開こうとすると、ファイルが見つからない内容のエラーが発生します。
尚、この際に表示されるエラーメッセージは関連付けられたアプリケーションによって異なります。

例えば CSV ファイルを Excel から開いた場合、下記のエラー メッセージが表示されます。
"ファイル名" が見つかりません。ファイル名およびファイルの保存場所が正しいかどうか確認してください。
[ファイル] メニューの最近使用したファイルの一覧からファイルを開いている場合は、そのファイルの名前が変更されていないこと、移動または削除されていないことを確認してください。
回避策
Web サーバーで Content-Disposition に inline を指定する等、Content-Disposition: attachment ヘッダーを使用しない、またはキャッシュを制限しないことにより現象を回避することが可能です。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:436605 - 最終更新日: 09/20/2016 15:24:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Internet Explorer 6.0

  • kbtshoot KB436605
フィードバック