Windows Update のドライバの更新でプロセッサ ドライバのインストールが行えない

Support for Windows XP has ended

Microsoft ended support for Windows XP on April 8, 2014. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

概要
この資料は、Windows Update のドライバの更新でプロセッサ ドライバの更新を行い、インストールが行えなかった場合のトラブルシューティングの方法について説明をします。
現象
Windows Update のドライバの更新でプロセッサドライバの更新のためにインストール行った場合、以下のメッセージが表示されることがあります。
インストールされた更新はありません
次の項目はインストールできませんでした。再度インストールを試みるには、[更新の確認とインストール] をクリックし、[今すぐインストールする] を再びクリックしてください。

Microsoft Processor Driver Version 5.1.2600.28

インストール履歴の表示
上記のトラブルが発生した場合、デバイスマネージャより該当するプロセッサ ドライバの更新を行ってください。

: システムが以下の条件を満たす場合に、該当するドライバのインストールが行えない場合があります。

コンピュータ の オペレーティング システムに Microsoft Windows XP Service Pack 1 (以下、Windows XP SP1) を適用している環境、もしくは、Windows XP SP1 適用済みのリテール パッケージでこの問題は発生しません。
回避策
Windows XP SP1 には最新のプロセッサドライバの更新が含まれています。Windows Update のドライバの更新でプロセッサ ドライバが表示される場合には、以下の方法でデバイスマネージャより該当するプロセッサ ドライバの更新を行うことで、インストールするドライバの更新の選択を正しく行えます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システム] をダブルクリックし、[ハードウェア] をクリックし、次に [デバイス マネージャ] をクリックします。
  3. プラス記号 (+) をクリックし、プロセッサを展開表示します。
  4. インストールされているプロセッサを右クリックして、[ドライバの更新] をクリックします。
  5. [ハードウェア更新ウィザード] 使って、プロセッサドライバの更新をします。
  6. [インストール方法を選んでください] で [ソフトウェアを自動的にインストールする(推奨)] を選択します。
  7. [次へ] をクリックし、画面の指示に従ってプロセッサ ドライバをインストールします。
  8. [ハードウェア更新ウィザードの完了] 画面で [完了] をクリックします。
  9. [システム設定の変更] のメッセージが表示されましたら、[はい] を選択して、コンピュータを再起動します。
状況
この問題は、Windows Update で修正済みです。
関連情報
Windows XP Service Pack の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
プロパティ

文書番号:436977 - 最終更新日: 10/17/2016 13:01:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows Update, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbinfo KB436977
フィードバック