現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

HOWTO: 仮想 サーバー移行 ツールキット 使用するガイドライン

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:555306
著者
Guilherme Whitaker Carnevale MVP
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。
概要
この資料では、 仮想 サーバー移行 ツールキットの使用する手順を実行します。 これは、 Microsoft Virtual Server 2005 を使用しているバーチャル マシンが「実際のシステム」に移行することに役立ちます。
詳細
仮想 サーバー移行 ツールキット 使用するために、次のコンポーネントをインストールする必要があります。
   -  
   - DHCP サービスの構成
   
   Guest OS をサポートしました。
   òサービス パック(SP) 6a Enterprise Editions と標準で Windows NT 4.0 Server
   ò Windows 2000 Server 4 またはそれ以降の SP
   ò Windows 2000 Advanced Server 4 またはそれ以降の SP
   Standard Editionと Enterprise Edition のò Windows Server 2003
  
  仮想 サーバー移行 ツールキットが取得できます。
 
Step1:
       Microsoft Virtual Server 2005 をインストールします。
 
Step2:
       同じまたはさまざまなにインストールAutomated Deployment Servicesは、それから Virtual Server 2005 をマシンします。
 
Step3:
       仮想サーバー移行ツールキットをインストールします。
 
Step4:
       DHCP Server の同じコンピュータに ADS をインストールする場合、このコマンドで ADS を構成する必要があります。
           追加するC:\Program Files\MicrosoftADS\bin\ADSdhcpconfig.wsf
 
手順 5:
      サンプル VSMT がをインストールされるディレクトリに Virtual Server 2005 に VM0 ネットワーク定義を作成するために、 CreateVirtualNetwork.vbs スクリプトを実行します。
 
次のすべての実行可能ファイルは、 VSMT インストール ディレクトリにあります。
手順 6:
      コマンドを実行します。:移行するコンピュータに gatherhw.exe は、このコマンドが VSMT で使用される; VSMT ディレクトリにファイルを送信する XML を 1 生成します。
 
手順 7:
     コマンドを実行します。: VMScript.exe /hwvalidate /hwinfofile :<Guest サーバー> .xml は、ハードウェアの互換性のためにこれが確認します。
 
     一部の非互換性が時点で見付かったのは残念に続行できません。
 
手順 8:
     コマンドを実行します。                 
    vmscript /hwGenerateP2V /hwInfoFile :<GuestMachine> .xml /name :<VirtualMachineName> /vmConfigPath :<なんじ VSMT ディレクトリ> \vmconfig
   /virtualDiskPath:d:\vmdisk /hwDestVS:<YourVSMcahine> /virtualDiskDynamic /vmMemory:256
 
手順 9:
    すべてのスクリプトが時点で生成され、移行プロセスが開始できます。 PXE ブートをサポートすることがゲスト コンピュータにネットワーク カードにある、 if not ブートを実行するために、 1 枚 RIS ディスクが生成できる場合、チェックが必要です。
    VSMT サーバーで、コマンドを起動します。
    C:\<VMSTDirectory>\p2v\<GuestMachine>\<GuestMachine>_Capture.cmd 
    PXE を使用しているゲスト コンピュータを再起動します。
 
    ADS がキャプチャ処理を完了したら、シャットダウン ゲスト コンピュータをサーバーがでしょう。

手順 10:
    この手順は、 Virtual Server 2005 コンピュータの構成ファイルを作成します。
    C:\<VSMTDirectory>\p2v\<GuestMachinet>\<GuestMachine>_CreateVM.cmd
 
手順 11:
    このバーチャル マシンのステップ張りが ADS に接続し、手順 9 で作成されたイメージを展開します。
    C:\<VSMTDirectory>\p2v\<GuestMachine>\<GuestMachine>_DeployVM.cmd
 
    この移行が完了される手順の後、「実際のコンピュータ」が仮想化されるのを持っています。
 
いくつかのエラーが発生する場合、推奨再起動移行プロセスがコマンドを使用しています。
    C:\<VSMTDirectory>\p2v\<GuestMachine>\<GuestMachine>_cleanupVM.cmdがこのコマンドを実行し、手順 9 にバックアップを作成します。
 
その他の参考資料
強力 / <> 
VSMT ホワイト ペーパー

強力 / <> 
VSMT FAQ

 
 

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:555306 - 最終更新日: 04/29/2005 17:16:12 - リビジョン: 1.0

Microsoft Virtual PC 2004

  • kbpubmvp kbpubtypecca kbhowto KB555306 KbMtja kbmt
フィードバック