HOWTO: グループ ポリシーを使って、 USB と CD-ROM とフロッピー ディスクと LS-120 ドライバが無効にします。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:555324
著者
Simon Geary MVP
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。
現象
既定で、グループ ポリシーは、 CD-ROM USB ポートと CD-ROM USB ドライブなど、など、など、と CD-ROM USB フロッピー ディスク ドライブなど、など、など、と高い容量 LS-120 CD-ROM フロッピー USB ドライブなど、など、など、リムーバブル メディアを含むドライブを無効に簡単にする機能を提供しません。 ただし、グループ ポリシーは、ポリシーの ADM テンプレートを適用することにより customise された設定を使用するために、拡張が可能です。 管理者がこの資料の ADM テンプレートにより、使用できないことを確認しているデバイスのそれぞれのドライバを無効にすることができます。
解決方法
グループ ポリシーに .adm ファイルとしてこの管理用テンプレートをインポートします。 これ行う方法か不明になる場合、詳細のリンクを参照してください。
 
クラス コンピュータ
カテゴリ!! 費
 カテゴリ!! categoryname
  ポリシー!! policynameusb
   KEYNAME「 SYSTEM\CurrentControlSet\Services\USBSTOR」
   説明します。 explaintextusb
     一部!! labeltextusb DROPDOWNLIST REQUIRE
 
       VALUENAME「開始」
       ITEMLIST
        名!! 無効な数値 3 の値 DEFAULT
        名!! 有効な数値値 4
       終了 ITEMLIST
     終了一部
   終了ポリシー
  ポリシー!! policynamecd
   KEYNAME「 SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Cdrom」
   説明します。 explaintextcd
     一部!! labeltextcd DROPDOWNLIST REQUIRE
 
       VALUENAME「開始」
       ITEMLIST
        名!! 無効な数値値 1 DEFAULT
        名!! 有効な数値値 4
       終了 ITEMLIST
     終了一部
   終了ポリシー
  ポリシー!! policynameflpy
   KEYNAME「 SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Flpydisk」
   説明します。 explaintextflpy
     一部!! labeltextflpy DROPDOWNLIST REQUIRE
 
       VALUENAME「開始」
       ITEMLIST
        名!! 無効な数値 3 の値 DEFAULT
        名!! 有効な数値値 4
       終了 ITEMLIST
     終了一部
   終了ポリシー
  ポリシー!! policynamels120
   KEYNAME「 SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Sfloppy」
   説明します。 explaintextls120
     一部!! labeltextls120 DROPDOWNLIST REQUIRE
 
       VALUENAME「開始」
       ITEMLIST
        名!! 無効な数値 3 の値 DEFAULT
        名!! 有効な数値値 4
       終了 ITEMLIST
     終了一部
   終了ポリシー
 終了カテゴリ
終了カテゴリ
 
[文字列]
カテゴリ=「 カスタム ポリシー設定」
Categoryname =「ドライブを制限するの」
policynameusb =「 USB を無効にするの」
policynamecd =「 無効 CD-ROM」
policynameflpy =「フロッピーを無効にするの」
policynamels120 =「高いフロッピー容量を無効にするの」
explaintextusb =「 usbstor.sys ドライバを無効にする USB ポート コンピュータを無効にするの」
explaintextcd =「 cdrom.sys ドライバを無効にする CD-ROM ドライブ コンピュータを無効にするの」
explaintextflpy =「 flpydisk.sys ドライバを無効にする フロッピー ドライブ コンピュータを無効にするの」
explaintextls120 =「 sfloppy.sys ドライバを無効にする 高い容量 フロッピー ドライブ コンピュータを無効にするの」
labeltextusb =「 USB ポートを無効にするの」
labeltextcd =「 無効 CD-ROM ドライブ」
labeltextflpy =「フロッピー ドライブを無効にするの」
labeltextls120 =「高い容量フロッピー ドライブを無効にするの」
有効に設定されるには。=「使用した」
無効化されるには。=「無効化した」
詳細
上記のテンプレートの使用方法についての命令を含む管理用テンプレートのファイルを適用することについて、詳細は、ここから Microsoft のホワイト ペーパー「レジストリ ベースのグループ ポリシーとの 使う管理 テンプレートファイル」をダウンロードします。
 

 
このテンプレートが設定と真ポリシーと見做されて、設定でクライアント コンピュータのレジストリを tattoo。 スコープからこのテンプレートが移動される場合、加えるレジストリの変更が残ります。 このテンプレートによって行われた設定を逆にしたい場合、ドライバを再び有効にするオプションを逆に単にします。
 
グループ ポリシー テンプレートのエディタでの既定で設定は、非表示になります。 このテンプレートを適用したら、設定の表示を可能にする表示設定を変更する指示に従います。
 

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:555324 - 最終更新日: 06/08/2005 14:10:38 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems

  • kbpubmvp kbpubtypecca kbhowto KB555324 KbMtja kbmt
フィードバック