現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

影響を受けてある製品のいずれかを実行しているコンピュータのリモート デスクトップ セッションは確立できません。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:555382
著者
Kirill Palagin MVP
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。
現象
影響を受けてある製品のいずれかで実行されるターミナル サービスへ connnect にすると、次の eror メッセージを表示します。
---------------------------
リモート デスクトップの切
---------------------------
クライアントは、リモート コンピュータに接続できませんでした。
リモート接続が有効になっていないか、またはコンピュータがビジー状態のため新しい接続を受け取れない可能性があります。
また、ネットワークの問題のため、接続が妨げられている可能性もあります。
後で接続をやり直してください。 問題が続く場合は、管理者に問い合わせてください。
---------------------------
OK ヘルプ  
---------------------------
 
また、影響を受けてあるサーバーでシステム イベント ログを表示すると、次のイベントを表示します。
 
イベントの種類: エラー
ソース : TermServic
分類 : Non
イベント ID: 1036
日付: 24.07.2005
時に:18:57:44
ユーザー : N/
コンピュータ: servername
説明
ターミナル サーバー セッションの作成に失敗しました。 関連ステータス コードは、 0x2740 でした。
詳細については、ヘルプとサポート センターを参照してください。 .

解決方法
問題は、解決するために、問題が正しいネットワーク アダプタが RDP-TCP 接続にバインドされることを確認します。 次の手順を実行します。
1. サーバーでローカル サーバーに(リモートDesktop/Terminal クライアント を使用しない)ログオンします。
2.「 tscc.msc /s」を開始する、実行する、(qutation が OK にマークし、そして OK をクリックするを使わないで、)入力するクリック
ターミナル サービスのスナップインで 3. 接続後 RDP-Tcp を右側のウィンドウでダブルクリックします。
4. ネットワーク アダプタ タブをクリックし、正しいネットワーク アダプタを選択して、 OK をクリックします。
5. サーバーへの RDP 接続が確立できる確か設定。
 
代替解決手順。
影響を受けてあるサーバーのローカル ログインが実行できない場合だけ、これらの手順を使用します。
警告: オペレーティング システムを再インストールするのが必要な場合、ある重大な問題がレジストリ エディタを間違って使用することにより発生することがあります。 独自のリスクと作成したのみ 使用 レジストリ エディタ を変更移動。 詳細情報がレジストリのバックアップのセクションそして詳細情報情報を復元するのを参照してください。
1. レジストリ エディタ(Regedt32.exe)(Regedt32.exe)を起動します。
 
2. レジストリ File\Connect ネットワークをクリックします。 コンピュータ名前 IP アドレスを入力し、 OK をクリックします。 コンピュータと影響を受けてあるサーバーのファイアウォールは、 successfull 接続を禁止できます。 リモート レジストリ サービスは、サーバーで実行されている必要があります。
 
3.(パスが折り返すの)次のレジストリ キーに移動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Network\{ 4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
 
このキーに 4. インストールされた LAN 接続に対応している globally unique 識別子(GUID)のキーが 1 つ以上、あります。 これらの各 GUID キーには、サブキー接続があります。 各 \Connection キーを開いて、 Name 値を検索します。 ターミナル サービスで使用する接続を選択します。
 
LAN 接続の名と一致する名前設定を含む \Connection キーが見付かったら、 5. 書き留める、または GUID 値をメモします。
 
6. 次のキーに次に移動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\lanatable。 手順 5 選択サブキーにメモした GUID を使用します。 LanaId だと注意します。
 
7. 次の値に移動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp\LanAdapter。 手順 6 で確認した値にデータを変更します。 RDP がすべての LAN アダプタにおけるリッスンするようにするために、 0 の値を入力します。
 
 
詳細
Windows レジストリに関する一般的な情報

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:555382 - 最終更新日: 07/31/2005 21:29:02 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition, Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows 2000 Enterprise Edition, Microsoft Windows 2000 Standard Edition

  • kbpubmvp kbpubtypecca kbhowto KB555382 KbMtja kbmt
フィードバック
html>mp;t=">