現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

「エラー メッセージ タスク マネージャが管理者によって使用不可に設定されている」

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:555480
著者
Yuval Sinay MVP
コミュニティで作成された技術情報の免責事項
マイクロソフトコーポレーション、その子会社、関連会社(以下「マイクロソフト」といいます)、およびそれらのサプライヤは、ここで提供されている情報および関連グラフィックスの適切性、信頼性、または正確性を表明するものではありません。これらの情報およびその関連グラフィックスは、何等保証もない現状有姿のままで提供されるものです。マイクロソフトおよびそれらのサプライヤは、この情報および関連グラフィックスに関して、商品性、特定目的に対する適合性、職人的努力、権原および非侵害の黙示的なすべての保証および条件も含めて、一切保証をするものではありません。お客様は、マイクロソフトおよびそれらのサプライヤが、損害の可能性について勧告されている場合であっても、契約、不法行為、過失、無過失責任に基づくかどうかにかかわらず、ここで提供される情報または関連グラフィックスの使用もしくは使用できないことに起因または関連するデータの消失、利益の損失などの損害が原因で生じた直接損害、間接損害、懲罰的損害、偶発的損害、特別損害、派生的損害、その他いかなる損害についても一切責任を負わないことに明確に同意します。
概要
「タスク マネージャが管理者によって使用不可に設定されるの、」いつタスク「マネージャ」を使用する次の knowledgebase がエラー メッセージを解決に役立ちます。
現象
Windows タスク マネージャ を開こうとすると、次のエラーが表示されることがあります。:「タスク マネージャが管理者によって使用不可に設定されます」。
原因
 
そこ以下
 
1. ローカル グループ「ポリシー」または「 ドメイン グループ ポリシー」を介してブロックされたアカウントを使用します。
 
2. タスク「マネージャ」を使用することから設定の一部がブロックします。 
 
 
 
解決方法
 
 
使用できないように、 1. ローカル グループ「ポリシー」または「 ドメイン グループ ポリシー」doesnÆtがブロックする verity
 
           タスク「マネージャ」
 
          「1.1 のローカル グループ ポリシー」
 
         a.「 」に>「 」>「 」を書き込みそして「 」ボタンを押す移動するには。
 
         b. >管理用「 」>「 」>「 」「 」を開きます。
 
         c.「「 」または「 」にその「 」オプション セット」スクリーン verity の右側
 
         d. MMC の「 」を閉じます。
 
         e.「 」に>「 」>「 」を書き込みそして「 」ボタンを押す移動するには。
 
          Windows 2000 を使用している場合、 KB q227302 に代わりにステージ「 e」を従います。
 
                ポリシーのグループ更新をすぐ強制するために、 SECEDIT を使用します。
               
 
 
            「1.2 の ドメイン グループ ポリシー」
 
         a. チーム ローカル IT サポートに接続します。
 
 
2. : verity がレジストリ設定を修正します。
 
    a.「 」に>「 」>「 」を書き込みそして「 」ボタンを押す移動するには。
 
 
注意: オペレーティング システムを再インストールするのが必要な場合、ある重大な問題がレジストリの変更で発生する可能性があります。
                このレジストリ ハッキングを行う前に、ファイルを常にバックアップします。

    b. 次の次の設定が戻るのを設定するレジストリ キーと verity に移動します。
 
Windows レジストリ エディタ version 5.00
 
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System]
「DisableTaskMgr」=dword:00000000
 
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Group ポリシー Objects\LocalUser\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System]
「DisableTaskMgr」=dword:00000000

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\system\]
「DisableTaskMgr」=dword:00000000
 
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon]
「DisableCAD」=dword:00000000
 
    c. コンピュータを再起動します。
 
 
詳細
 

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:555480 - 最終更新日: 10/17/2005 04:25:21 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Microsoft Windows 2000 Enterprise Edition, Microsoft Windows 2000 Professional Edition, Microsoft Windows 2000 Standard Edition, Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbpubmvp kbpubtypecca kbhowto KB555480 KbMtja kbmt
フィードバック