現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Net View または Net Time コマンドを実行すると「システム エラー 5 が発生しました」のメッセージ

Support for Windows XP has ended

Microsoft ended support for Windows XP on April 8, 2014. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

Support for Windows Server 2003 ended on July 14, 2015

Microsoft ended support for Windows Server 2003 on July 14, 2015. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:555644

Windows 用のセキュリティ更新プログラムを受信し続けるためには、Windows XP Service Pack 3 (SP3) が適用されていることを確認してください。詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートを終了します。

作者:Yuval Sinay MVP

コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項
マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者の適合性、信頼性、または精度の情報および関連のグラフィックスをここに記載のに関する表現しないでください。これらの情報およびその関連グラフィックス」いかなる種類の保証も用意されています。マイクロソフトおよびその各供給者はすべての保証および条件については、この情報および関連のグラフィックス、黙示の保証、商品性を特定の目的、職人の労力、タイトルおよび権利の非侵害の適合性の条件などを放棄します。特になしにマイクロソフトおよびその供給者負いませんこと同意する直接、懲罰的、付随的、特別、間接的な損害、またはいかなる損害、データまたは利益の損失を含むが、被害は、起因するかのいずれかの方法を使用すると接続されている、または記載されている情報および関連のグラフィックスに含まれるを使用するには、契約、不法行為、過失、厳格責任を基にマイクロソフトまたはその供給者がある場合でも、損害の可能性を知らされてそれ以外の場合か。
概要
この資料で"システム エラー 5 が発生しました発生する解決することができます。アクセスが拒否されました」のエラー メッセージ。
現象
Windows XP または Windows Server 2003 のコマンド プロンプトで、 Net ViewまたはNet Timeコマンドを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

システム エラー 5 が発生しました。アクセスが拒否されました。
原因
次のいずれかの理由により、この問題が発生します。
  • 時刻同期の問題です。
  • リモート コンピューター (共有、NTFS は、GPO) へのアクセス許可がありません。
  • ファイアウォールまたはサードパーティ製の製品のリモート コンピューターへの接続を除去します。
  • コンピューター アカウントが無効になっているや、有効期限の切れたパスワードを持つドメインに存在しません。
  • Active Directory のレプリケーションの問題です。

解決方法
この問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. Verity のタイム ゾーンが正しいこと、および、時刻の同期が機能していること。
  2. Verity は、リモート ・ ホストで、適切なアクセス許可があること。これを行うには、GPResult.exe コマンド ライン ツールを使用することができます。このツールの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  3. リモート コンピューターで必要なポートを開きます。
  4. Verity のコンピューター アカウントがアクティブになっているし、ドメインに接続されています。これを行うには、Netdom.exe コマンド ライン ツールを使用することができます。このツールの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  5. Verity では、Active Directory のレプリケーションのレプリケーションは正しいです。詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動してください。
詳細
詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
307897 Windows xp の Windows タイム サービスの時刻を同期する方法
830092 Windows Server 2003 および Windows XP では、W32Time イベント ID 50が頻繁にログに記録され、不適切な時刻の同期が行われる
314054 Windows XP では、権限のあるタイム サーバーを構成する方法

さらに、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

概要
この記事"エラー 5 が発生しました、システムを解決することができます。アクセスが拒否されました」のエラー メッセージ。

プロパティ

文書番号:555644 - 最終更新日: 05/21/2013 22:32:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition

  • kbmvp kbhowto kbmt KB555644 KbMtja
フィードバック
/html>