INF: トランザクション ダンプからのデータベースの復元

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP60054
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
主要なバックアップ手段として DUMP TRANSACTION を使用しているデータベースを復元するには、まず最後に行ったデータベース全体のダンプ (DUMP DATABASE) からデータベースを読み込みます (LOAD DATABASE)。その後、引き続きトランザクションのダンプ (DUMP TRANSACTION) を順番に読み込みます (LOAD TRANSACTION)。

たとえば、以下のような条件の場合を考えます。
  • 最後にデータベースがダンプされたのは月曜日です。
  • トランザクションは、火曜日、水曜日、木曜日、および金曜日にダンプされました。
  • データベースが土曜日にクラッシュし、データが壊れました。
この場合に、正しくデータベースを復元する方法は、まず月曜日のデータベース ダンプを読み込みます。続いて、火曜日、水曜日、木曜日、および金曜日のトランザクション ダンプを順番に読み込みます。この結果、データベースは、金曜日にトランザクション ログがとられた状態まで復元されます。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 60054(最終更新日 2000-03-31) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:60054 - 最終更新日: 01/16/2015 17:32:25 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft SQL Server 6.5 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbother ssrvserver KB60054
フィードバック