[中止]、[実行されたアクション再試行無視、失敗

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

67586
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは中、ディスクへのアクセスに重大なエラーが発生するときに MS-DOS の方が操作について説明します。 MS-DOS は、4 つの可能性のある重大なエラー (割り込み 24 h) 応答の特定のアクション: 無視、失敗]、[再試行]、または失敗します。
詳細
「MS-DOS できません」に対して MS-DOS は、次の各可能性のある重大なエラー応答の操作を受け取ります。
   Error     Action   ----------------   Ignore    The MS-DOS function call returns to the application             program as if the function had completed successfully.             For example, if the program is trying to read from the             disk, MS-DOS tells the program that all is well. This             can result in corrupted data in your disk file or             in data returned to your application.   Retry     The critical error handler signals MS-DOS to reissue the             last function call made to the device that caused the             critical error.   Abort     The current application is terminated immediately.             Unwritten disk buffers are NOT written to disk, the             directory information is not updated, and modified             interrupt vectors are not reset. Choosing this option can             leave the system in a very unstable state.   Fail      This causes MS-DOS to return to the application software>             with an error condition. In programming terms, the carry             flag is set upon exit from the INT 21h DOS function call.             This allows the application program to handle the error             itself and take appropriate action, rather than letting             MS-DOS do it.				
の MS-DOS カーネルやデバイス ドライバーとして不良、重大なエラーが発生またはその他の時に、FAT エントリをマークしません。 このタスクは、独立したユーティリティで行わなければなりません。 提供いるか、MS ー DOS と回復ユーティリティで、これを行うが無料の不良クラスタ回復によってチェックアウトされていない、不良セクターがファイルの割り当てられたクラスター--内存在する場合にのみ。 書式設定ユーティリティは、通常、最適なソリューション、ディスクの不良セクターのすべての領域をスキャンするためです。 欠点は、式も、ドライブ上の任意のデータを破棄することです。

一部のサード パーティのディスク ユーティリティ不良セクターは、ディスク全体のデータ領域を確認するディスク スキャン機能を提供し、(ディスク上の他のデータに影響を与えること) なし、FAT で不良としてマークします。
6. 22 3.20 3.21 3.30 3.30a 4.00 4. 01 5.00 5.00a 6.00 6.20

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:67586 - 最終更新日: 02/01/2014 07:51:48 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft MS-DOS 3.1
  • Microsoft MS-DOS 3.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 3.21 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 3.3 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 3.3a
  • Microsoft MS-DOS 4.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 4.01 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 5.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 5.0a
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.21 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.22 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbmt KB67586 KbMtja
フィードバック