現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SYSTEM.INI の [386enh] の SystemROMBreakPoint= エントリに関する情報

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP71264
概要
この資料では、SYSTEM.INI の [386Enh] セクションの SystemROMBreakPoint= エントリに関する情報を掲載します。

最初に Windows の SYSINI3.TXT ファイルからの抜粋を示し、続いて Windows と SystemROMBreakPoint= の関係について詳しく説明します。
詳細

SYSINI3.TXT

SystemROMBreakPoint=<ブール値>デフォルト : True用途 : Windows で F000:0000 から 1 MB の間の ROM アドレス         空間をブレーク ポイント用に使用するかどうかを指定します。         386 エンハンス モードの Windows は、通常この空間を検索し、         システム ブレーク ポイントとして使用される特殊命令を見つけます。         このアドレス空間に、常時使用可能な ROM 以外のものが含まれて         いる場合は、この設定を無効にする必要があります。変更方法 : メモ帳を使用して SYSTEM.INI ファイルを編集します。
Windows は 63H に等しいバイト値を検索します。これは、範囲 F000 ~ FFFF にある ARPL (Adjust-Requested Privilege Level) 命令です。

SystemROMBreakPoint 変数が False に設定されているとき、エンハンス モードの Windows は、MS-DOS コンベンショナル メモリが不足している場合に、仮想 8086 のグローバル メモリの 1 バイト ブロックを 1 つ割り当て、そこに 63H を書き込みます。

QEMM および 386Max を使用している場合、SystemROMBreakPoint= は False に設定する必要があります。これらの拡張メモリ エミュレータは、ROM を再マップします。ROM の再マップが行われる場合には、システム ROM でのシステム ROM ブレーク ポイントの検索を無効にする必要があります。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 71264 (最終更新日 1999-09-21) をもとに作成したものです。

3.00 3.00a 3.10 3.11 winmem yeswin4
プロパティ

文書番号:71264 - 最終更新日: 09/29/2004 03:06:00 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows 3.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows 3.11 Standard Edition
  • Microsoft Windows 3.0a
  • Microsoft Windows 3.1 Standard Edition
  • kbhowto KB71264
フィードバック