DOSKEY マクロ ファイルのテキストを検索する

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

74038
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
次の DOSKEY マクロは指定されたメッセージ テキストの現在のディレクトリすべてのファイルを検索し、一度に、画面を出力表示します。 ファイルの拡張子に関係なく、任意の種類のファイルが検索されます。 マクロが実行されると検索対象の各ファイルの名前のマクロ コマンドと共に表示されます。 マクロ出力なりますを検索するメッセージ テキストを検索する調べることができる時間に 1 つの画面を表示します。 最後に、ファイル出力がのみ 1 つのメッセージの検索を表す、マクロを再度使用する場合になるように、ファイルの「出力」は削除されます。

作成するこのマクロを入力、次のコマンド プロンプト。
doskey 検索で %a の = (*. *) c:\dos\FIND/i は $ * %a
$ g $ g $ t 型出力 $ b c:\dos\MORE $ t del 出力を出力する
(押さないでくださいして、全体のマクロを入力したまで。)

このマクロを実行するには、入力します。
メッセージの検索
メッセージは半角の二重引用符 () が不要し、では、大文字と小文字は区別されませんです。 検索の出力が表示、一度に 1 画面です。 見つかった文字列は、線、テキストを次のファイル表示されます。 検索を確認し、上記の検索マクロでの他のコマンドは、MS-DOS 5. 0 ディレクトリ参照しています。 また、検索/i スイッチでメッセージ検索されません大文字と小文字が区別されます。
詳細
たとえば、次のマクロでは、検索テキストなし「利用可能エクステンド メモリ」、現在のディレクトリにし、コマンドの部分的な結果を表示します。

最初に、HIMEM.SYS を含む、DOS ディレクトリ変更し、次のコマンドを入力します。
利用可能な拡張メモリが SEARCH
次のような出力が表示されます。
----------HIMEM.SYS
エラー: 使用可能な拡張メモリが見つかりませんでした。
テキスト内で見つかったファイルは HIMEM.SYS。 メッセージが含まれている行が「エラー::...」で始まる

上記と同じ出力省略メッセージ フィールドを拡張メモリ, など、検索になります。 大文字と小文字を区別メッセージ検索を使用するには、検索/i スイッチを削除します。

このマクロを使用して、システムを起動するたび、AUTOEXEC.BAT ファイルに次のコマンドを含める:
   doskey search=for %%a in (*.*) do c:\dos\FIND /i "$*" %%a   $g$g output $t type output $b c:\dos\MORE $t del output				
このバッチ ファイル コマンドは、コマンド プロンプトで挿入される前のコマンドに異なることを通知します。 違いは、各の前に、追加の % (パーセント) が含まれている"%、"ように、"%、"が認識されます。

参照:

Microsoft MS-DOS ユーザー ガイドおよび」参照、バージョン 5. 0、175 181、448 453 ページ
5.00 noupd

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:74038 - 最終更新日: 02/03/2014 17:52:29 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft MS-DOS 5.0 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbmt KB74038 KbMtja
フィードバック