DBCS-互換性のあるアプリケーションを作成するための情報: ヒント

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:75439
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
3. 00 3.10 Windows kbprg
概要
文字列操作、倍精度浮動小数点数型 (Double)-バイト文字セット (DBCS) を使用するシステムは、シングルバイト文字システム少し異なります。 ここではシングル バイト システムの DBCS システムに記述されたアプリケーションをポートに必要な作業を削減するガイドラインします。
詳細
ダブル バイト文字セットでいくつかが 1 バイトだけ必要とする一部の文字が 2 バイトは、必要です。 言語のドライバーはこれら 2 種類の一部の文字「先行バイト」として指定することによって文字を区別できます。 先行バイト倍精度浮動小数点数型 (Double) バイト文字 (DBC) を作成する別バイト (「末尾バイト」) で行われます。 先行バイトのセットは、言語ごとに異なります。 先行バイトが常に保証は拡張文字 (7 ビット ASCII 文字できます先行バイトはありません。 末尾のバイトを NULL バイトを除くすべてのバイトがあります。 文字列の末尾は、常に、文字列内の最初の NULL バイトとして定義されます。 先行バイトは法的末尾バイトは、1 バイトが先行バイトを果たすかどうかを確認する唯一の方法のコンテキストからです。

DBCS を含む文字列間の移動用の 2 つの関数を含む、Windows ソフトウェア開発キット (SDK) バージョン 3. 0: AnsiNext() および AnsiPrev() AnsiPrev() 関数は文字列を使用前の文字の開始位置を決定する、最初から実行する必要がありますので時間の高価な呼び出しです。 文字列の末尾ではなく、先頭から文字を検索することをお勧めします。

Windows SDK バージョン 3. 1 と場合にのみ、バイトの先行バイトことは、TRUE を返す、 IsDBCSLeadByte() 関数が含まれています。 この関数は、char のため、バイトは、先行バイト (がこの操作を行うには必要コンテキスト) かどうか、レポートできませんパラメーター、します。

DBCS コードができるだけ早く実行するには、ソース ファイルを可能性があります DBCS、に対してのみにあるコードを囲む DBCS の #ifdef を使用し、オブジェクト (OBJ) ファイルの 2 つのバージョンをコンパイルします。 例:
   #ifdef DBCS     for (pszTemp = szString; *pszTemp; pszTemp = AnsiNext(pszTemp))   #else     for (pszTemp = szString; *pszTemp; ++pszTemp)   #endif   ...				
のコードを読みやすくアプリケーションがマクロを定義 AnsiNext() AnsiPrev() 関数の DBCS が定義されていない場合:
   #ifndef DBCS   #define AnsiNext(x) ((x)+1)   #define AnsiPrev(y, x) ((x)-1)   #ifdef WIN31   #define IsDBCSLeadByte(x) (FALSE)   #endif   #endif				
でこれらの定義に、すべてのコード記述できる 2 バイト文字セットの場合。 なお、 AnsiNext() 関数は、文字列と、 AnsiPrev() 関数の末尾を越えて移動できませんが、マクロが中に、文字列の先頭まで移動できません。 また、 AnsiPrev() マクロ内の"y"パラメーターが無視される、ため一部のコードは定義 DBCS の有無のコンパイルと異なる結果を与えます。 次のコードはこの現象の例:
   pszEnd = AnsiPrev(++pszStart, pszEnd);				
、次のコードで完全なパス名でファイル名のオフセットを検索方法を示します:
   LPSTR GetFilePtr(LPSTR lpszFullPath)   {    LPSTR lpszFileName;    for (lpszFileName = lpszFullPath; *lpszFullPath;               lpszFullPath = AnsiNext(lpszFullPath))        if (*lpszFullPath == ':' || *lpszFullPath == '\\')            lpszFileName = lpszFullPath + 1;    return lpszFileName;   }				
を注意してください ': 'および' \ ' は必ずいないリード バイトです。 検索、 AnsiPrev() 関数を使用しないようにする最後ではなく、文字列の先頭から開始します。

次のコードで制限サイズのバッファーに文字列のコピーを示します。 先行バイトで、文字列が終了しないことになることを確認します。
   int StrCpyN(LPSTR lpszDst, LPSTR lpszSrc, unsigned int wLen)   {    LPSTR lpEnd;    char cTemp;    // account for the terminating NULL    --wLen;    for (lpEnd = lpszSrc; *lpEnd && (lpEnd - lpszSrc) < wLen;               lpEnd = AnsiNext(lpEnd))        ;  // scan to the end of string, or wLen bytes    // The following can happen only if lpszSrc[wLen-1] is a lead    // byte, in which case do not include the previous DBC in the copy.    if (lpEnd - lpszSrc > wLen)        lpEnd -= 2;    // Terminate the source string and call lstrcpy.    cTemp = *lpEnd;    *lpEnd = '\0';    lstrcpy(lpszDst, lpszSrc);    *lpEnd = cTemp;   }				
3. 00 3. 10

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:75439 - 最終更新日: 02/03/2014 06:02:52 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows SDK 3.1

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kb16bitonly kbmt KB75439 KbMtja
フィードバック