情報: とディスクにキャッシュのダーティ ページがフラッシュされます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:78363
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
パフォーマンスを向上させるには、SQL Server のキャッシュを保持、以前読み取りまたは変更 (「ダーティ」) のページです。これらのページを定期的にされます。物理的には行への変更を確認して、ディスクの書き込みユーザーのデータベースに反映されます。
詳細
SQL Server は、キャッシュからページでは、ディスクにフラッシュされますが次の条件:
  1. 場合は、チェックポイントが発行されます。

    チェックポイントを発行する可能性があります 5 つの条件のとおりです。

    1. データベース所有者またはシステム管理者 (SA) を発行することができます、CHECKPOINT コマンドをいつでもでもします。
    2. データベースのダンプまたは DUMP TRANSACTION コマンドが発行されると、ダンプ プロセスの最初のステップでにチェックポイントを実行するにはデータベースです。
    3. 各データベースのリカバリ後チェックポイントが発行されます。データベースの回復プロセスが終了しました。この機能します。無効に、sp_dboption システム ・ プロシージャを使用して、「がプライ」オプションが true に設定します。
    4. チェックポイントは、チェックポイントが自動的に発行されます。判明すると十分なトランザクション プロセスのチェック最後のチェックポイント以降に発生しました。チェックポイントどれを表示するのには、1 分に 1 回についてスリープ プロセスをチェックします。アクティビティは、周波数では、実際に行われるチェックポイントがトランザクションの数によって決定されますか復旧間隔に設定されている値。メモその場合、「trunc。使用して設定されて chkpt. の「ログ オプションsp_dboption をするたびに、チェックポイントのチェックポイントが発生しますプロセスのチェック (回/分) についてウェイク アップします。
    5. SA が SHUTDOWN コマンドを発行すると、チェックポイントが発行されます。
  2. ときに新しいページをキャッシュに読み込む必要があります。

    SQL Server のページではないが必要であるが決まります現在キャッシュに、バッファー キャッシュ内の空き領域を検索します。ページ チェーンです。ページ チェーン内の検索が終了最も古いバッファーからフラッシュ ディスクにします。
  3. 高速一括コピーや SELECT INTO の終了時。

    高速 BCP (ログに記録されないバージョン) を使用する場合、またはテーブルとはSELECT INTO を使用して作成された、新しく挿入された行は記録されません。また、これらの一部またはすべてはキャッシュ内でがあります。軽減するのにはSQL Server を停止した場合に、データが失われる可能性チェックポイントを実行しないで、すべてのダーティ ページがディスクにフラッシュされますがBCP や SELECT INTO の終了します。
  4. トランザクションが終了するとログ ページをフラッシュします。

    トランザクションが終了すると、コミットまたは中止は、ログのいずれかページがフラッシュされるディスクにします。
  5. ページが分割されると、新しく割り当てられたページをすぐにされます。ディスクにフラッシュします。
  6. LOAD DATABASE のすべてのページがディスクに書き込まれます。

    LOAD DATABASE コマンドでは、データベースのロード中にすべてページにダンプが書き込まれますディスクに直接。さらに、ダンプにないデータベース内のページも初期化されます。ディスクにフラッシュします。たとえば、ダンプからロードしている場合は、4 MB のデータベースに 10 MB のデータベースでは、残りの 6 MB のページすべては、初期化済みディスクへの書き込みになります。
  7. レイジー ライター プロセスは、ダーティ ページをフラッシュします。

    新しいシステム プロセス、レイジー ライターは、マイクロソフトの SQL に追加されましたサーバーのバージョン 4.21 です。レイジー ライター プロセスは自動的に開始されます。使用可能な空きバッファーの数を下回る場合は、バッファーをフラッシュ特定のしきい値は、フラッシュを停止するときにバッファー数5 ~ 6%、しきい値になります。このしきい値値として指定します。バッファー内のバッファー キャッシュの合計数の割合です。は、既定のしきい値に 3% のバッファーのデータ キャッシュに設定されます。の詳細については、Microsoft SQL Server バージョン 4.21 リリースを参照してください。(\sql\install\readme.txt) をメモします。
SQL Server、Microsoft SQL Server、Always-On、ストレージ ソリューション レビュー プログラムで概説されている '確実な配信を安定したメディア' をサポートするために、システムする必要があります。参加者SQL Server データベース エンジン用の入出力の要件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967576Microsoft SQL Server データベース エンジンの入出力の要件
トランザクション ・ チェックポイント ・ キャッシュ Windows NT

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:78363 - 最終更新日: 07/07/2011 19:56:00 - リビジョン: 5.0

  • kbinfo kbmt KB78363 KbMtja
フィードバック