Windows 2000 でプログラムが TCP/IP ソケット経由で大きなブロックのデータを送信すると、コンピュータが応答を停止したように見える

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows 2000 でプログラムが TCP/IP ソケット経由で大きなブロックのデータを送信すると、プロセスで非ページ プール メモリが不足することがあり、コンピュータが応答を停止 (ハング) したように見えることがあります。十分な時間待機すると、何もしなくてもコンピュータは再び応答し始めます。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows 2000 Service Pack 4 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 810058 (最終更新日 2003-07-03) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:810058 - 最終更新日: 02/27/2014 05:23:36 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbwin2ksp4fix kbhotfixserver KB810058
フィードバック