Pentium III-M Tualatin プロセッサを搭載しているコンピュータでバッテリの持続時間が短くなる

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:810064
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
バッテリでは、コンピューターが Pentium III M Tualatin プロセッサ、充電予想よりも早く失う可能性があります。 この現象は、レガシ IST を使用して、Pentium III M Tualatin プロセッサを持つコンピューターで発生インターフェイス。
原因
この問題は、P3.sys ドライバーが正しく初期化されていない場合に発生することがあります。 これを B1 に、発生時、バッテリ残量が通常よりも速く放電可能性がありますので、SpeedStep 対応のプロセッサを有効にされていません。
解決方法

Service Pack 情報

この問題を解決するのには、Microsoft Windows XP 用の最新の Service Pack を取得します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
322389How to Obtain the Latest Windows XP Service Pack JP322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。 この問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムのダウンロードに使用できる場合は、この「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合は、修正プログラムを取得するのには、マイクロソフト カスタマーサービスとサポートに問い合わせてください。

メモ 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを使用可能な言語が表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語で利用できないためにです。修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。 世界協定時刻 (UTC) は日付と時刻をこれらのファイルに一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、[タイム ゾーン] タブの [コントロール パネルの [日付と時刻ツールを使用します。
   Date         Time   Version        Size    File name   ----------------------------------------------------   25-NOV-2002  13:59  5.1.2600.1145  37,632  P3.sys

状況
マイクロソフトでは、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Microsoft Windows XP Service Pack 2 で最初に修正されました。
詳細
メモ Windows Vista を使用する場合は、次のマイクロソフト Web ページ用の電源消費とバッテリ寿命の問題のヘルプを参照してください。 Pentium III Tualatin プロセッサの詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
314748Tualatin の Pentium III プロセッサと 440MX チップ セットの組み合わせをレガシ インターフェイスを初期化済みです

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:810064 - 最終更新日: 02/27/2014 05:23:37 - リビジョン: 3.3

Microsoft Windows XP Professional SP1, Microsoft Windows XP Home Edition SP1

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbenv kbprb kbwinxpsp2fix kbwinxppresp2fix atdownload kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB810064 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)