現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP とハイパー スレッディング

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
Microsoft Windows XP Home Edition および Microsoft Windows XP Professional では、ハイパー スレッディング対応コンピュータはマルチプロセッサ コンピュータとして扱われます。このことは、デバイス マネージャの [コンピュータ] ノードおよび [プロセッサ] ノードで以下のように表示されることで確認することができます。
  • [コンピュータ] ノードでは、コンピュータはマルチプロセッサ PC として表示されます。
  • [プロセッサ] ノードでは、インストールされている複数のプロセッサが表示されます。


ハイパー スレッディング機能がコンピュータの BIOS で無効になっている場合は、Windows XP のデバイス マネージャでユニプロセッサ PC として表示され、インストールされているプロセッサが 1 基しか表示されないことがあります。

ハイパー スレッディング機能がコンピュータの BIOS で有効になっている場合、Windows XP でマルチプロセッサ ハードウェア アブストラクション レイヤ (HAL) を使用する必要があると、HAL は自動的にアップグレードされ、1 基または複数の追加プロセッサがインストールされて、デバイス マネージャの [プロセッサ] ノードの下に一覧表示されることがあります。新しい設定を有効にするために再起動するように求められます。
詳細
ハイパー スレッディング CPU には 2 基目の (仮想) CPU が含まれています。この機能を使用すると、マルチスレッド アプリケーションは各プロセッサで並行してスレッドを実行することができます。結果として、プロセッサ リソースがより効率的に使用され、マルチスレッド アプリケーション使用時のパフォーマンスが向上します。

Windows XP Home Edition の場合

: Windows XP Home Edition では、最大で 1 基の物理プロセッサを使用することができます。ただし、ハイパー スレッディング機能がサポートされているため、オペレーティング システムでは 2 基目の (仮想) プロセッサが活用されます。
プロパティ

文書番号:810231 - 最終更新日: 10/19/2005 08:28:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • kbhowto KB810231
フィードバック